teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


無言漢

 投稿者:きはまる  投稿日:2016年 8月 8日(月)12時01分35秒
  旅行記は読んで楽しい、そして切ない。  
 

「円」無き衆生

 投稿者:きはまる  投稿日:2016年 7月22日(金)15時41分13秒
    時給にて 働きおれば 十円の 重みが解かる まして百円
 椎間板ヘルニアの手術後、仕事が減った。術後の経過は良いとは言え、齢が齢。乏しい年金にすがる切ない日々をおくらねばならない。縁無き衆生ならぬ「円」無き衆生と相成り果てた。(;´д`)トホホである。
 

安倍首相の「傲慢症候群」3つの要因 それを支えるメディアの罪とは?

 投稿者:motonami  投稿日:2016年 7月13日(水)18時53分48秒
  第24回参議院選挙の投開票が行われ、参院全体で自民、公明、おおさか維新の会など、憲法改正に前向きな「改憲勢力」が3分の2を超えた。安倍晋三首相を「オレ様化」した傲慢(ごうまん)人間だと断じる精神科医の片田珠美さんは、著書『オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群』で、身近に存在する「オレ様」を徹底分析。安倍首相の傲慢さがもたらす弊害と、「オレ様」に負けないためにどうするべきか、指南してくれた。 安倍首相の歓喜にあふれ、高揚した顔を見て、「傲慢症候群(ヒュブリス・シンドローム)が一層悪化するのではないか」と危惧せずにはいられなかった。「傲慢症候群」は、イギリスのデービッド・オーエン元外相・厚生相が提唱した概念である。オーエンは「権力の座に長くいると性格が変わる人格障害の一種」と説明している。たしかに、「権力を握ってから、おかしくなった」とか、「権力を振るえる立場になってから、とんでもないことをするようになった」と言われる人はいる。 権力の座につくことによって、おごりや自信過剰が生まれ、そのせいで周囲が見えなくなり、冷静な判断ができなくなるのが傲慢症候群の特徴だ。オーエンは政治家であると同時に神経科医でもあるので、国家のトップが周囲の助言に耳を傾けず、暴走する姿を医師のまなざしでつぶさに観察していたのだろう。 オーエンがヒュブリスという傲慢を意味するギリシャ語をあえて用いたのは、古代ギリシャではヒュブリスが非常に重要なテーマだったからだ。ヒュブリスという名前の女神が『イソップ寓話集』の「戦争と傲慢」に登場する。神々が結婚式を挙げ、それぞれの伴侶が決まったのだが、ポレモス(戦争)の神は遅れて到着したので、1人だけ残っていたヒュブリスをめとることになった。ヒュブリスは絶世の美女だったらしいが、その性格ゆえに売れ残っていたようだ。もっとも、ポレモスはヒュブリスにぞっこんで、この女神の行くところにはどこにでもついて行くので、傲慢のあとから、たちまち戦争がやって来るといわれるようになった。 この話が端的に示しているように、傲慢の後にはしばしばもめ事がやって来る。これは、国家や企業などの大きな組織のトップに限らない。上司、同僚、友人、恋人、隣人、場合によっては家族の中に傲慢な人が1人でもいると、振り回されて大変なことになる。傲慢な人がもめ事を引き起こしやすいのは、プライドが高く、自信過剰に陥りやすいからだろう。 もめ事くらいなら、じっと我慢していればすむかもしれないが、傲慢な政治家は実際に戦争を引き起こしかねず、笑い事ではすまない。そのため、ヒュブリスは古代ギリシャでも強く戒められており、傲慢の当然の報いとして破滅する物語がギリシャ神話には数多くある。 たとえば、ギリシャ神話に登場するイカロスの悲劇はその典型だろう。イカロスは、父が鳥の羽根を集めてこしらえた翼で空を飛び、「あまり高く飛びすぎてはいけない」という父の戒めを無視して、天に達するまで高く昇っていった。やがて、燃え立つ太陽に近づきすぎ、羽根をとめていたろうが柔らかくなって、ばらばらにほぐれてしまったため、墜落し、青海原のまっただ中に沈んだ。 イカロスの名前を冠した「イカロス・シンドローム」も、欧米では最近話題になっている。育児休暇取得を宣言し、安倍首相をはじめ自民党の重鎮政治家を招いて盛大な結婚披露宴を催した宮崎謙介・元衆院議員が、妻の出産直前の不倫を認めて議員辞職した騒動は記憶に新しいが、栄光の絶頂から真っ逆さまに転落した宮崎氏は、典型的な「イカロス・シンドローム」ではないか。 傲慢を戒める逸話は、もちろんわが国にも昔から数多くある。その極致ともいえるのが、平家物語で、「驕(おご)れる者は久しからず。ただ春の夜の夢のごとし」という一節は、よく知られている。これほど傲慢がもたらす悲劇を見事に描いた物語はないだろう。 この世の春を謳歌(おうか)し、栄光の絶頂にいたとしても、少々のことは許されるという驕りゆえに傲慢な振る舞いを続けているうちに転落した実例は、古今東西枚挙にいとまがない。過去の成功体験の上にあぐらをかき、「自分たちは特別な力を持っている」と自信過剰に陥って、目の前の現実をきちんと認識できなくなれば、イカロスのように破滅の危機にひんする。 このことは、過去の歴史を振り返れば一目瞭然だ。にもかかわらず、傲慢症候群に陥るトップが少なくないのは、オーエンが挙げている3つの要因によると考えられる。(1)実権を握っている(2)権力の座に長期間座っている(3)個人が権限をふりかざすのに最小限の制限しかかからない 安倍首相の傲慢症候群は、この3つの要因に支えられているように見えるが、私が何よりも深刻だと思うのは、(3)を可能にしている最小限の制限しかかけない国民、とくにメディアの責任である。 今回の参院選の争点は、改憲勢力が3分の2に達するか否かだったはずだ。にもかかわらず、安倍首相は選挙期間中その点を隠し、「アベノミクスは道半ば」ということばかり強調した。メディアも、権力者の意向を忖度(そんたく)したのか、争点ぼかしに協力した。唯一追及したのは、投票後の選挙特番で安倍首相に「憲法改正の『け』の字も出さなかった」ことを問いただしたジャーナリストの池上彰氏くらいで、あとはみな腰が引けていたようだ© Asahi Shimbun Publications Inc. 提供 安倍首相の「オレ様化」が止まらない!?  

斎太郎節「エン」について他

 投稿者:山本直一  投稿日:2016年 4月18日(月)20時21分41秒
  4/17のレッスンで、斎太郎節の「エン」の発声について、私がBr榎本さんの提案に反論する形になってしまいました。
本日4/18、私の所属するゴスペルグループの指揮者と話す機会があったので質問しました。
ハミングには「Mハミング」と「Nハミング」がある。それに近い発声として「日本語のん発声」がある。響かせやすいのは「Nハミング」であるが、斎太郎節ソロのバックコーラスで、しかも男声合唱団であるならば、私なら迷わずに「ん発声」である。
日本語の「ん発声」とは、榎本さんの提案された「舌を上顎の上にあてる」発声です。従って、私の「Nハミング」の提案は取り消させていただきます。

もう一つ、「白樺」の歌い方に対する意見の違いがありました。
私は、コンサート以降は2/21(日)のレッスンに出席しただけで、本日4/17(日)は久方ぶりのレッスン出席でした。そこで、「白樺」の「三番削除」を聞いてびっくりしました。思わず「三番は削除すべきではない」と発言しました。でも、本並さんの「三番削除の指揮」で納得しました。「三番は削除すべきではない」との私の発言を取り消させていただきます。

長欠者が、軽はずみな発言をしてご迷惑をかけました。以後、発言をつつしむようにこころがけますので、ご容赦下さい。

当日のレッスン終了後は、私にとってはめったにない「夜のフリータイム」です。興隆円で藤後さん・相根さん・奥村さんの「昴発足当時」のお話しを楽しく聞かせていただきました。ありがとうございました。
 

よかったぁ~!

 投稿者:きはまる  投稿日:2016年 4月 6日(水)15時55分10秒
   ケースを開けたら、大事な大事な補聴器の左側が無い! 真っ青になってそこいら中を探し回った。床を這いずり回り、ごみ入れをひっくり返し、掃除機の紙パックを引き出し中身をほじくり返し、この前着ていた服を逆さまにして振り回したり、愛猫マロに尋ねたり。おかげで日頃掃除の手を抜いていた所までキレイニなったが出てこない。ひょっとして、この前の練習の時置き忘れたり落としたりしてはいないかと、ねむかホールオーナーにまで電話して、もし見つかったらオレのだから必ず取り置いてくれるよう頼んだり。

 がっくり落ち込んでいたら、かあちゃんがどれどれと腕まくりして改めて探索に参加。やがて、これちゃうのんの声が。どこにあった? 洗濯に回す予定のシャツの胸ポケットにあったとのこと。そうだ、この間レッスン中にひょいとはずして、ケースを取り出す間を惜しんで胸ポケットに入れたのだと思い出す。改めて冷や汗が脇の下を走るのを感じたことであった。

 もし出てこなかったら、もしそのまま洗濯にまわっていたら、26万円が…
なるべく目立たないようにと、清水の舞台は愚かあべのハルカスのてっぺんから飛び降りるつもりで貯金をはたいて買った耳穴式のこいつは、そう、片方で26万円もしたのだった。
 指揮者のつぶやくような(私にとっては)指示を聞き洩らしたくない、運営委員会で聞こえてるふりをしたくないとの思いで買ったものだったのだ。その買い物は私にとって気の遠くなるような金額だった。半年分の仕事の対価以上の金額だったのだ。

 ホッとしたと同時に、世の中、金か、の思い一入であった。
 

昴コンサートのアンケート150枚

 投稿者:立川  投稿日:2016年 2月 6日(土)23時35分53秒
  第10回昴コンサートに750名の方が来ていただき150名の方からアンケートが回収されました。心にしみる演奏、楽しい時間を過ごした、大迫力だった、生き生きとした姿に感動、涙が止まらなかった。などたくさんの感想をいただきました。良かった曲ランキングでは1、地底の歌(57人)2、ゆらゆら春(31人)3、死んだ男の残したものは(29人)4、人間の歌(22人)5、道(20人)6、アムール7、喜びのナーダム8、美しき青きドナウ9、ねがい・白樺でした。やはり地底は心から感動した、圧巻だった、生きる素晴らしさを感じた。という感想もありました。これからも大切に歌っていきたいと思います。また2月5日のレッスンでは何と4人の入団がありました。戦争法廃止に向けた平和の歌を仲間を増やして広げましょう。  

第10回昴コンサート大成功

 投稿者:立川  投稿日:2016年 1月30日(土)23時54分24秒
  1月30日いずみホールで昴第10回コンサートを開きました。全席指定席が約2ヶ月前に売り切れました。本当にうれしい悲鳴でした。1年9ヶ月かけて取り組み「地底のうた」を特別団員を集めて取り組み約60名で迫力ある演奏になりました。この15年間歌ってきた曲の中からベストアルバムでした。昴が大切に歌ってきた歌を思いを込めて歌うことができました。布川事件の桜井昌司さんが創られた「ゆらゆら春」は会場に本人が来ていただきました。打ち上げまで参加いただき、合唱で歌う素晴らしさを語っていただきました。今回初めて取り組んだのは「初心のうた」で演奏会のテーマとして使ったのが「つきとめよう」という言葉でした。曲の中では「国と人の仕組みを突き止めよう」となっています。70年間平和な国としてあり続けた憲法9条をないがしろにして「戦争法」を作り戦争への道を再び作ろうとする国を私たちは突き止めねばと思います。「死んだ男の残したものは」「なぜ」「ふりつむ」など平和への思いを大切に歌いました。100名を超えるアンケートいただき「昴はまた進化したね」というのもありました。平均年齢70歳という高齢合唱団です。若い仲間を増やし元気に歌い続けたいと思います。
?
 

うた新祭り大成功

 投稿者:立川  投稿日:2015年12月18日(金)05時44分29秒
  当日まで組織が心配された祭りでしたが1200人で大成功でした。企画もよく皆さん大満足でした。孫も2人「ぞうれっしゃ」に出た後男声合同を聞いて、最後のフレーズ「わっしょい」のポーズがかっこよかったと言っていました。男声40人の内の半数は昴でしたから本当によかったです。出来たら全員で出て感動を全団のものにしたかったです。うた新60周年を記念して池辺晉一郎さんが協力していただきできた祭りでした。うたごえ運動のバロメーター「うたごえ新聞」を大いに広げましょう。  

昴の選曲について

 投稿者:立川  投稿日:2015年11月14日(土)22時22分8秒
  特団の鬼崎さんが沖縄辺野古支援にいって創作された「希望の道へ」を歌いたいと思います。日歌へも推薦されています。詩が鬼崎さんで曲は沖縄の会沢芽美さんです。  

再度挑戦はいかが?

 投稿者:きはまる  投稿日:2015年10月30日(金)15時42分27秒
  「われら愛す」はいっぺん昴で歌ってみたい曲です。企画委員会で、コンサートが終わってからの次なる曲選びのまな板に載せてもらえませんか?  

レンタル掲示板
/6