teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1900年、寿岳文章 (イギリス文学者、和紙研究家、1992年1月16日没) さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏  投稿日:2008年 3月28日(金)12時02分9秒
  通報
  >風の旅人さん
>2008年度、第一回目バイク旅の目的地を『富士山』に決定

■私も大昔、貧乏ツアー中、同行の友人の親戚宅ってコトで、真夜中に富士市の民家に到着&一宿一飯のお世話になったことがありました。
到着したのが真夜中だったもんですから、回りは暗闇だったんですが、翌朝、ごそっ、と起きて軽く早朝の散歩へ♪と、屋外に出て振り向いて、びっくり!
げげげのげー!
間近で見上げる富士山の大きさ!こ、こ、こりゃ、すげぇー。

>平成の「やじさん・きたさん」となって21世紀、今の東海道を彼らが歩んだ方向とは反対のお遍路さんで言う「逆打ち」で挑んで参ります!

■平成の「やじさん・きたさん」ご両人もご存知の若林博士は何度も富士山に登山されたことがあるよーです。
また、我が米工房の唯一のOLさんも、富士山登頂経験があるとか。
う~む。自らの足で、あの美しい富士山を味わって制覇された方たち、ちょっと・うらやましぃ~ですね♪
■とは言っても、実際に富士山に登山をされた方たちの話をうかがうと、ウワサに聴く、ゴミの山=富士山、かなりヤバイようです。
大自然は、個人のものではありません。やはり、美しいまま、未来のみなさんにバトン・タッチしたいものですよね♪
■あ、そうそう、若林博士、66歳にしてこの春から大学生になります!
もともと化学の博士として海外でも活躍された方ですが、今回は「環境農業」を学ぶそうです。
環境、そして、農業。
まさしく、今日的なテーマですね♪
そんな博士のキャンパス・ライフ(?)も、ここの掲示板で報告してゆきたいと思っています。
■ところで、このように入学&進学の季節に、わが町の北海道沼田高校、ついに今年は入試がありませんでした。
つまり、4月に入学式は無し。
2年後の廃校が決まったからです。
下記は2006年10月の新聞記事ですが、淋しい現実となりました。
「教育」は「農業」や「環境」と同じように現在のものでありながら、未来のものでもありますよね。
なんとか、崩壊しないように知恵を出し合っていきたいものですね。

http://www.kome-kho-bong.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:15/160 《前のページ | 次のページ》
/160