teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1939年、水島新司 (漫画家『ドカベン』) さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏  投稿日:2008年 4月10日(木)16時30分31秒
  >風の旅人さん
>いかなご漁の次は「サワラ(鰆)」や「サクラ鯛(真鯛)」

■食の王国=北海道♪でも、さすがに、そーいった、お魚さんたちは、お寿司屋さんのカウンターぐらいでしかお会いできませんねぇ~(笑)。
我が米工房にも、釣りキチ社員がいますが、彼もこの時期、そわ&そわしているよーです(笑)。
春はアウト・ドア派の皆さんの血を騒がす季節ですね♪
イン・ドア派(?)の私は(笑)、書斎のおかたづけをしなくてはと、まぁ、こんな状態です(がくっ。)。

http://www.kome-kho-bong.com/

 
 

嗚呼、今宵も「アニキ」阪神4番・金本のバットは空を切り、祝杯は持ち越されたよーん!

 投稿者:風の旅人  投稿日:2008年 4月 9日(水)23時07分12秒
  ★嗚呼、野球の神様!何故、今宵も甲子園に立つ鉄人の誉れ高き男に祝砲『2000本安打』を打たせてやってはくれないんだぁー!!(>_<)

★阪神タイガースに勝利の女神は連日舞い降りてるのに、セ・リーグ「首位」やけどさ、何や阪神ファンは今晩も消化不良を抱えて眠らなアカンやんけぇーーー!!!

★どうも、毎度ボヤッキーな風の旅人です。

今晩の甲子園で行われた阪神対中日戦を御覧に成った方々はお気付きであったと思われますが、関西一帯、とても強い雨が降っております。これで、山間部に残っていたこの冬の雪も全て洗い流され河川に下り、瀬戸内海や日本海に注がれて行くと思われます。山の雪解け水は河川や海に住む魚類にとって貴重な栄養素ですから♪昨年は暖冬&降雪量が皆無の影響で瀬戸内海の漁獲量が激減してしまいましたが、今年は例年以上の寒さと降雪量の冬だったことが功を奏したのか、瀬戸内春一番の漁として有名な「いかなご漁」は平年並みの漁獲高と幸先良いスタートを切りました♪いかなご漁の次は「サワラ(鰆)」や「サクラ鯛(真鯛)」など美味しい旬のお魚さん達の『出番(笑)』が控えておりまーす♪(#^。^#)

☆ふっふっふ、バイクもええけど、こう言うネタ話を書くと久々に釣りキチな血が騒ぐじゃあーりませんか♪スッカリ埃を被った釣り道具をZZ-R(バイク)に括りつけて「風の旅人・全国釣り紀行」でも始めてみたろうかなぁ・・・(笑)

> もし、お近くに行く機会があれば、ご利用ください~♪
> そして、久々の「関西グルメ(?)レポート」、待ってます♪

■久々に兄さんからの「お題(宿題又は指令とも言う)」頂戴致しました(笑)
場所は大体分かります。ええ、我が会社の取引先が近くに在りますのでね(^_^)
教えて頂いたお店も含めて、近日中に関西グルメ(?)レポートを決行予定!?
次回掲示板登場以降に御期待アレ~♪

☆遅ればせながら、久保明美夫人、お誕生日おめでとう御座いまーす!また新たな歳を重ねる事が出来ましたね。当たり前の様でありながら、これってとても幸せなことなんだと思います♪これからも順当に年齢を重ねて行けるように皆様頑張って参りましょう!

■では、またー!(本日アップの写真ネタは御座いません!悪しからず!)
 

1968年、久保明美 (私の愛妻・笑) さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏  投稿日:2008年 4月 3日(木)11時23分21秒
  >風の旅人さん
>焼津と言えばマグロの遠洋漁業や近海のカツオ漁が盛んなところ♪

■そう&そう、旅の楽しみにご当地グルメはかかせませんよねぇ~♪
今から、風の旅人さんの報告が楽しみです♪
■と、書いていて思い出しました、「地元民お勧めのジンギスカン情報(通販有無等)もご提供頂ければ嬉しく思います。」とのコメントをスルーいたしておりました、すみません~。
ややズレたレスですが、姫路にお住まいの関西ライダーであれば、ここには行きやすいのでは?

試食希望♪岸和田『インド料理DEVI』‏
実は、米工房のお客様なのです。
もし、お近くに行く機会があれば、ご利用ください~♪
そして、久々の「関西グルメ(?)レポート」、待ってます♪

http://r.gnavi.co.jp/k853602/
住所;〒596-0812 大阪府岸和田市大町475-19 久米田ショッピングセンター2F
アクセス;JR阪和線久米田駅 徒歩3分
TEL;072-445-5168  FAX;072-445-5168
営業時間;11Am~3Pm(ラスト・オーダー;2:30Pm) 5Pm~11Pm(ラスト・オーダー;10:30Pm)
定休日;水曜日

■さて&さて。ボヤッキーも吹っ飛ぶ、我らが阪神タイガース開幕5連勝!!
巨人との差は開幕6日で「5」に拡大!!
なんだか、今年は世間の黄色がまぶしいぜっ!

☆本日の一枚!「2008春・俺の愛車!」(うそ。写真家・森山大道の作品です・笑。)
    ↓

http://www.kome-kho-bong.com/

 

何かと騒がしい4月に突入!旅立ちまで残り1ヶ月を切る!

 投稿者:風の旅人  投稿日:2008年 4月 2日(水)23時59分58秒
  ★何でしょうなぁ、右を向いても左を向いても話題はガソリン税絡みの事ばかり・・・。

■今週も風の旅人「ボヤキのコーナー」が満を持して(?)始まりました( ̄_ ̄)

まぁ、冒頭の件以外に年金問題や相次ぐ物価値上げなど国民生活に深刻に関わってくる心配ネタ話は付きませんが、とにかく日本のエライ(?)おバッチを付けた代議士の先生方は、その明晰(?)らしいオツムをフル回転して頂いて、世界の笑い者にされない政を推し進めて欲しいものです。政治家の怠慢としか映らない政局の混乱や停滞ぶりを観続けるのもいい加減飽きてきましたしね。高い税金を浪費してアンタ等は毎日(国会で)何をしてんのよと言いたいですわ!

☆さて、本日(今週)のボヤキもこれにて終了~♪

■後半戦は、先ず次回旅話の続きより!

4月30日から2泊3日の予定で行います「2008春・東海道縦断・富士山ツーリング」の宿泊先が決定致しました。1泊目は静岡県焼津に泊まります。焼津と言えばマグロの遠洋漁業や近海のカツオ漁が盛んなところ♪自宅から長距離を走ってきて疲れた私を、この美味なお魚さん達が宿食にタップリ(?)と現れて身(胃袋)も心も癒し、次の日の富士山ツーリングに活力を与えてくれることでしょう(笑)

初日と違って2日目のバイクツーリングは富士山近辺を一日フラフラと絶景スポット&撮影スポット探しに終始したいのと、翌日帰宅する行程(距離)を考えて少しは家に帰る距離を減らして置こうとの考えに至り、その時旅の打ち合わせ中にオヤジ様から出た「浜名湖辺りで宿を取ったら如何や?温泉も在ったやろ?」の声が決定打となって浜名湖・館山寺温泉に2泊目の宿を設定~♪富士山と同じくコチラも初めて訪れる場所なんですハイ~♪普段は出張とかで利用する新幹線で『通過』するだけの土地。ココに付いて何を知っていますかと問われても「うなぎパイ」位しか出て来ないしねぇ(笑)

☆次回旅に付いての最新情報は以上です!

> 真夜中に富士市の民家に到着&一宿一飯

■私も間も無く富士市に参ります。指折り数えて眠る日々でおます(笑)

> ■あ、そうそう、若林博士、66歳にしてこの春から大学生になります!

☆「ピッカピッカの一年生~♪」な若林博士(笑)、ご入学&最近「新車(?)」も手に入れたそうで重ねておめでとう御座います。いやー、氏の飽くなき探究心に心から尊敬申し上げます。ぶっちゃけた話、凄い人ですねぇ。ココ最近、沼田町と距離を置いてしまった私ですが、今年は是非そう言った件も含めまして若林博士宅へ遊びに行って色んな御話をお聞きしたいもんですわ(^_^)

> つまり、4月に入学式は無し。
> 2年後の廃校が決まったからです

★悲しいことです。もう、そうとしか言えません。学校と言う場所が単なる行政機関のひとつでは無いのだと何故分かってくれないのでしょうね。教育は農業や環境と同じ様に現在のものでありつつ未来のものでもあると私も思います。学校は地域に根差したシンボル的存在。不変であって欲しいと願う物だと感じています。何よりこれからの近隣の子供達の為に、出来るだけ学ぶ環境の選択肢を多く残して欲しいと行政に願わずに居れません!

官民一体となって崩壊を防げるように知恵を出し合って乗り越えて行きたいですね(^_^)
沼田町のこれからを、本日、選抜高校野球準決勝進出を決めた東洋大姫路高校が在る兵庫県姫路市より応援しています!では♪

☆本日の一枚!「2008夏・國稀酒造前の3連星!」
    ↓
 

1900年、寿岳文章 (イギリス文学者、和紙研究家、1992年1月16日没) さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏  投稿日:2008年 3月28日(金)12時02分9秒
  >風の旅人さん
>2008年度、第一回目バイク旅の目的地を『富士山』に決定

■私も大昔、貧乏ツアー中、同行の友人の親戚宅ってコトで、真夜中に富士市の民家に到着&一宿一飯のお世話になったことがありました。
到着したのが真夜中だったもんですから、回りは暗闇だったんですが、翌朝、ごそっ、と起きて軽く早朝の散歩へ♪と、屋外に出て振り向いて、びっくり!
げげげのげー!
間近で見上げる富士山の大きさ!こ、こ、こりゃ、すげぇー。

>平成の「やじさん・きたさん」となって21世紀、今の東海道を彼らが歩んだ方向とは反対のお遍路さんで言う「逆打ち」で挑んで参ります!

■平成の「やじさん・きたさん」ご両人もご存知の若林博士は何度も富士山に登山されたことがあるよーです。
また、我が米工房の唯一のOLさんも、富士山登頂経験があるとか。
う~む。自らの足で、あの美しい富士山を味わって制覇された方たち、ちょっと・うらやましぃ~ですね♪
■とは言っても、実際に富士山に登山をされた方たちの話をうかがうと、ウワサに聴く、ゴミの山=富士山、かなりヤバイようです。
大自然は、個人のものではありません。やはり、美しいまま、未来のみなさんにバトン・タッチしたいものですよね♪
■あ、そうそう、若林博士、66歳にしてこの春から大学生になります!
もともと化学の博士として海外でも活躍された方ですが、今回は「環境農業」を学ぶそうです。
環境、そして、農業。
まさしく、今日的なテーマですね♪
そんな博士のキャンパス・ライフ(?)も、ここの掲示板で報告してゆきたいと思っています。
■ところで、このように入学&進学の季節に、わが町の北海道沼田高校、ついに今年は入試がありませんでした。
つまり、4月に入学式は無し。
2年後の廃校が決まったからです。
下記は2006年10月の新聞記事ですが、淋しい現実となりました。
「教育」は「農業」や「環境」と同じように現在のものでありながら、未来のものでもありますよね。
なんとか、崩壊しないように知恵を出し合っていきたいものですね。

http://www.kome-kho-bong.com/

 

今年の「初」バイク旅は、アノ御仁が画いたアノ山へツーリングGO!GO!

 投稿者:風の旅人  投稿日:2008年 3月26日(水)16時39分0秒
  ☆こんにちは!一週間ぶりの登場、風の旅人です(^。^)

この一週間の間で、私の地元播州平野(姫路市周辺)は一段と暖かくなりました。梅の花(綾部山梅林等)も見頃となり、桜の開花宣言も出されて本格的な春到来と言った感じです。これで中国大陸らの黄砂さえなければ、清々しい空と陽気って言えるんですが・・・・仕方が無いかぁ( ̄_ ̄)

■さて、気も取り直して先日のネタ話(次回旅の予告)の続きをお知らせします♪

先週末、旅の相棒たる我がH・Dライダー父と厳正(?)なる協議の結果・・・・。
2008年度、第一回目バイク旅の目的地を『富士山』に決定致しましたぁー!
正確には、富士山を含む「兵庫県⇔静岡県・東海道周遊の旅」となります(^_^)

我等風の親子が、普段の制服姿(作業着)から「真の姿」と言っても過言では無い『旅装束(ライダーウェア&ヘルメット&皮手袋)』に身を包み、平成の「やじさん・きたさん」となって21世紀、今の東海道を彼らが歩んだ方向とは反対のお遍路さんで言う「逆打ち」で挑んで参ります!

★と、言っても未だ宿の手配とかこれからなので意気込みだけを伝えてみました(笑)

■羊蹄山の山小屋でアメリカ人夫婦と共に「モーニング・ジンギスカン(笑)」ですか?
私も思わずパクッて実践したくなるネタじゃあーりませんか♪(#^.^#)
コーヒーも完備と、手抜かりが御座いませんなぁ兄さん(大笑い)

☆ところで、持参されたジンギスカンはどちらで買い求められた品かしら?久保家お手製ですか?それとも「松○ジンギスカン」みたいに有名どころ?もし宜しければ、ジンギスカンに目の無いこのバカ・ライダーに有益な地元民お勧めのジンギスカン情報(通販有無等)もご提供頂ければ嬉しく思います。あ、それから本田征爾画伯31歳のご誕生日おめでとう御座います。遅ればせながらこの場をお借りしてお祝い申し上げます。一通りネタ話を振った後のコメントなんで、何だか付けたしみたいやなと掲示板を見られた彼からお叱りを受けそうですね(笑)。米工房HPの「雷門ラーメン 曙店」紹介の様に、北海道ラーメン情報も随時受け付けます。ジンギスカン以上に大好きですから(笑)。先日母と二人こっそりとさっぽろ雪まつりを見に行った時、サッポロファクトリー前に店を構える「らー麺ばり屋総本店」さんにお邪魔しまして「特製正油らーめん」を頂きました♪地元民お勧めと前評判が高かったお店。めっちゃ美味かったですハイ♪

■本田画伯と絵(美術)繋がりと言うことで、次に目指す富士山を語る上で外せない物と言えばコチラではないでしょうか。そう葛飾北斎が手掛けた浮世絵「富嶽三十六景」の中で画かれた富士山。その代表作と言えるのが、有名なこの「凱風快晴」の赤富士ですねぇ。爽快な青空に赤く映える幻想的で優美な富士山に是非出会ってみたいものです♪では♪
 

1933年、種村季弘(ドイツ文学者、幻想文学、徘徊、評論家、2004年8月29日没)さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏  投稿日:2008年 3月21日(金)10時06分41秒
  >風の旅人さん
>♪「えっ、(この人が)今日だったの?」と勉強になります

■それにしても、今日だって、1985年「セバスチャン・バッハ」、1889年「柳宋悦」、1947年「加藤和彦」、1958年「田崎真也」、1980年「ロナウジーニョ」と、超有名人の皆様のお誕生日なのですが、それでも&あえて、よりによって(?)「種村季弘」を選ぶところが米工房HPのマイナー趣味(?)なところですね(笑)。
■ちなみに、来るべき3月23日(日曜日)は、我らが海洋幻想画伯「本田征爾」さんの、31回目のお誕生日です♪

>本土最南端・佐多岬を訪れた時、車や観光バスでの観光客は殆ど居なくて大半がライダー&バイク。しかも在日米軍のマッチョなお兄様方でした(笑)。

■旅は「孤独」になれる環境でもあり、やっぱり「孤独」にはなれない環境でもありますね(笑)。
下記の写真は、2006年7月、アメリカ人夫婦の友人と暴風雨の中、羊蹄山の非難小屋で一夜を過ごした翌朝、かついで運んだジンギスカン・セットを楽しむ私たち(笑)です。
では、その時の日記を、風の旅人さん風(笑)に転記させていただきま~す。。


■2006年7月9日(日曜日)午前3時。
嵐がおさまった。
なんだか、外も明るいようだ。
「ご来光?」なぁ~んて感じで外に出てみた。
うわっ。
一面、ガスで真っ白。
もうリュックサックを背負って下山する人が、ちら&ほら。
んなモンだから、午後9時には消灯なんだわなぁ。
山男たちが私に声をかけてくる。
「何度目ですか?」
「あ、私?初めてです。」
「ああ。私は毎年3回は登っています。もう30年続いていますよ。」
そんな山男、ばっか。
小屋の入り口に温度計があった。
気温は・・・0度!
こりゃ、寒いわぁ。

■んで、小屋にもどって、寝直した。
今度は、かなり熟睡~♪

■午前7時。
みなさん、ぼちぼち起きだした。
私はリュックサックに入れていた一番でかい荷物、
ガス・コンロを取り出した。
実はこのコンロ、
夜高あんどん製作の時に絵を描くロウを溶かすコンロ。
すみません、ちょいと借りました~(笑)♪

■まずは背負ってきた貴重な水で、
スタバのフレンチ・コーヒー。
ちゃんとペーパー・フィルター、ドリップで淹れるのよ(笑)♪

■全員が起きたら、私の企画、「おはようジンギスカン」!
本当は昨夜、小屋の前でジンギスカンをしたかったんだけど、
消灯時間だったしね(がくっ)。
ジュー、ジューと、なかなか美味しい♪
ちょい☆ぬるめのビールも、山の上では貴重なお味♪

■しばらくすると、昨夜の管理人が掃除にやってきた。
「おはようございます。」と、言いつつ、コーヒーをプレゼント。
「えっ!?いいんですか?貴重な水ですよ?」
なるほど、山頂ではコップ1杯の水でも、
ここまで運ぶ苦労があるのだ。
水の貴重さが分るほどに、山を知ることになるのだねぇ。
「うまいっ!いやー、このコーヒー、売れますよ。美味しい!」
と、管理人さんは昨夜より少しのびたヒゲ顔で笑いました、とさ。

▼けっこー、みなさん食べたねぇ(笑)。
おかげでリュックが軽くなった♪

http://www.kome-kho-bong.com/

 

2008春・再始動!その②

 投稿者:風の旅人  投稿日:2008年 3月19日(水)23時21分37秒
  > ■と、いきなり相変わらずの誕生日ネタで、すみません~♪
 ↑
☆当掲示板に書き込みを行った者は等しく管理者からの『洗礼(誕生日ネタ)』を受ける事が太古(?)よりの慣わしだったではありませんか!?(笑)
これこそ米工房★掲示板の持ち味です♪「えっ、(この人が)今日だったの?」と勉強になりますハイ~♪

> 指宿温泉、私も行きましたよ~♪たしかに、私もシュウマイになりました(笑)。
 ↑
☆貴方も蒸されたんですなぁ指宿温泉『シュウマイ風呂(違うっちゅうに)』(笑)

鹿児島、とても好いところでした。気候も風景も食事も自分好みでグー!
先日の旅話では触れませんでしたが本土最南端・佐多岬を訪れた時、車や観光バスでの観光客は殆ど居なくて大半がライダー&バイク。しかも在日米軍のマッチョなお兄様方でした(笑)。佐多岬行き&佐多岬観光&佐多岬帰りの途中まで、この気合の入ったお兄様方と並んでツーリングする事なり中々楽しかったです♪彼ら気さくでノリの好い連中でしたね♪乗っていたバイクもアメリカ人の魂と言われるH・D(ハーレー・ダビッドソン)から国産バイクまで何でも御座れって感じ。佐世保基地に勤務しているそうで、この日は休暇を使って九州一帯を巡っていたところだったそうな。旅の醍醐味をこんな時に感じます。普通に兵庫県姫路市で生活していたら、きっとこんな出会いも体験もないですもんね。まぁ、バイクに乗っての旅ってスタイル自体一般的では無いから余計そう感じるのかも・・・ネ(#^_^#)

☆さて、では、前回の旅話の続きと参りましょうか~♪
「2007九州縦断バイクツーリング・第二部」のスタートです!

○指宿温泉から始まった九州縦断バイクツーリング2日目。この日の宿「由布院温泉」目指してひたすら北上してきた風の旅人親子一向。朝から若干雲は大目ながら天気に恵まれ、阿蘇山の麓付近に到達するまでは非常に快適な旅となりましたが・・・・。ココから山へ、湯布院方面へと抜ける高原地帯へと道(やまなみハイウェイ)を進む度に、確実に体感的に気温が下がって行くのを感じました。吐く息も次第に白くなり、ヘルメットのシールドの内側を曇らせる。次第に口から「寒いなぁ」と言うボヤキが止まらなくなってきた(笑)。やまなみハイウェイを更に進み熊本県から大分県へ入った辺りから天候が悪化。霙交じり、時折吹雪きが舞う様な中を走る我等親子。通過中、道路脇に設置してあった電光掲示板を見ると「気温0度・雪、スリップ注意って何よ!?寒いっちゅうねん!!(叫)」もう大変でした。

夕方も5時を過ぎた頃、漸く目的地の湯布院町の由布院温泉に到着。しかし、ココに至るまでに体は冷えに冷え切って疲労しまくり。御蔭様で判断力まで鈍ってしまって中々予約して措いた宿の場所へ迷ってしまって辿り着かない醜態(ボケ)を演じてしまった。「オイ!未だ宿には着かへんのか?(怒)」と父もナビゲーター役の私に苛立ちをぶつけてくるしねぇ。「分かってるわ!オレもしんどいねん!」と反論しつつもコレでは埒が明かないので、結局宿へ携帯電話で連絡して宿のご主人に今居る場所まで出向いて頂いて宿まで道案内して頂きました。風の旅人さん、旅成れているって言っても旨く行かない時もあります(笑)。

★否、旨く行かない時の方が多いかも・・・お粗末様でした(>_<)

骨董品鑑定家として有名な中島誠之助さんに良く似た容姿の温和な御主人が出迎えて下さった今宵の御宿『由布両築』。上品で物静かな佇まいは町の風景にとても良く溶け込んでいて好ましい。食事や買い物、交通機関の利便性や安さから普段旅でも都市部の駅前ビジネスホテルを愛用している私達ですが、本来はこう言った宿に泊まる方が好みなんです。只ね、ええ、それなりに宿泊費は要りまっせ(笑)。だって、日本でも常にトップ5に入ってくる人気温泉地ですもん。お宿の相場も高いしね。あの「入湯税」て何とかならないのかしら?(笑)。消費税だけでええやんって何時も思う。何しろ割高な感じがするのよ温泉宿って何処に行ってもね。ボヤキはコレ位でストップ。こちらの宿はあらゆる意味でとても良かったですよ。お風呂は露天風呂で家族風呂(貸切)に出来るサービス付き♪由布岳を見上げながらノンビリ一時間近く父と湯船に浸かって冷えた体を癒しました♪次に風呂を楽しんだ後は食事の出番でおます。そして、忘れては駄目なのが御酒!そう、昨日の指宿(鹿児島)に続いてココ大分県(湯布院)と言えば『麦焼酎』ですよねー!勿論、あ、銘柄は忘れたけどタップリ頂きました(笑)。お宿手作りの汲み出し豆腐を使った湯豆腐と地鶏鍋その他諸々の料理と麦焼酎を楽しみながら由布院温泉の夜は過ぎて行きました・・・・(完)。

■3日目は由布院温泉から一気に自宅まで約800㌔の距離を自走して帰りました。そして今年も現在ゴールデンウィーク休暇を活用したバイクツーリングを計画中ですが、候補地として「富士山」「能登半島」を挙げています。未だ仕事との調整が済んでいない為、これよりもっと自宅から近い場所に落ち着く可能性もあります。まぁ、楽しめたら何処でもええんやけどね♪

> ■そんなワケで、昨年の思い出を少々(笑)、添付させていただきます~。

☆いやぁ、私の思い出旅なんて只のボヤキネタみたいなもんです(笑)。

ほんま、凄い事を実現されましたしたよね。
何処に居ても情熱さえ持ち続けていれば道は開けると実感させて頂きました。
オペラ開催誘致の実現、そしてその後日談と言った流れに感動を覚えます。
素晴らしいお方と出会えて言葉を交わして頂ける今の自分は本当に幸せです♪
ありがとう御座いました。そして、これからも宜しくお願い致します!
 

1870年、三田村鳶魚 (随筆家,時代考証家、1952年5月14日没) さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏  投稿日:2008年 3月17日(月)11時37分45秒
 
■と、いきなり相変わらずの誕生日ネタで、すみません~♪

>まるで蒸篭で蒸された「シュウマイ(笑)」

■風の旅人さま、いつもありがとうございます♪
指宿温泉、私も行きましたよ~♪たしかに、私もシュウマイになりました(笑)。
鹿児島、宮崎、さすがに北海道とは魚も、花も、空気も違いました!
嗚呼、思い返せば私、ここ数年、北海道から出ておりません。とほほ。
旅行はいいですよねぇ~♪風の旅人さんの生活がうらやましいです♪
私なんぞは、時に40℃の熱にうなされ、病床で枯野をかけめぐる夢を観る程度の、風邪の旅人なぐらいですもんで。がくっ。

>特攻へ若い命を捧げた当時の若者達の切な思いに触れ

■嗚呼、ここにも私、行きました。
あの無数の若者たちの顔写真と、生の置手紙にはグッとくるものがありますよね~。
時代は変っても、「若者」の「夢」は自由であって欲しいものですね。
今夜は私は、母校の同窓会「総会」に行く予定ですが、こうして歳をとっても時にこんな会に呼ばれて後輩たちのことを少し考えるのも悪くは無いですね~♪
■そんなワケで、昨年の思い出を少々(笑)、添付させていただきます~。

http://www.kome-kho-bong.com/

 

2008春・再始動!その①

 投稿者:風の旅人  投稿日:2008年 3月16日(日)21時11分13秒
  3月11日更新の久保商店・米工房HPを見て「北海道も春が近付いてるんやなぁ。関西(兵庫県)だけや無いんやなぁ」と極当たり前の事を仄々と感じた私。風の旅人でゴザイマス♪

★えー、今更、私、ノコノコとコチラに再登場致してました!

もう『一年以上』登板拒否と言う、プロ野球なら即刻『自由契約(放出)』となっていたであろう身でありながら(笑)、こうして前回の登場時から変わらずこの場を残して頂いていた久保商店様に心から感謝の意を陳べつつ恥を忍んで参上仕った次第でゴザイマス!!

★まぁ、ボケ挨拶はこの位で。

仕切り直しっつーことで、コレからは以前の様に旅話を中心に新ネタが出来次第、頻繁にこの掲示板を盛り上げる為に登場する予定です。久保商店様並びに、ぶっちゃけた話、見ていらっしゃるか如何か知りませんが当掲示板閲覧者の皆様(笑)。北空知の素晴らしいお米を提供して下さるお米屋さんを舞台に楽しい情報交換を楽しんで参りましょう♪

☆下の写真は、昨年春の南九州バイクツーリングの際に訪れた鹿児島県『開聞岳』をバックに撮影した物です♪いやぁ、北の大地と違って九州の風土、食べ物とか興味をそそられる事が多かったですねぇ♪では、久しぶりに旅話を始めましょうか~♪

☆兵庫県姫路市の自宅を父と共に旅立った『親子ライダー一行』は大阪・南港から宮崎フェリーに乗って太平洋航路を経て宮崎港上陸!あの『東国春知事』の御蔭で、一躍マイナーな観光地からメジャー路線へ転換に成功(?)した土地へ踏み込み、日南海岸を南下しながら目指すは日本本土最南端、鹿児島県の佐多岬!

バイクで駆け抜ける視界に飛び込んで来るのは、眩い光に照らされた太平洋の蒼い海と乾燥した砂漠の様に広がるシラス台地のサツマイモ畑。時折、強く吹き付ける南からの潮風に巻き上げられた火山灰土が視界を曇らせ、咽喉や鼻を詰まらせる。そんな風土に合わせた古民家が普段住む地元(姫路)の物と作りが随分違う事に気付かされる。その佇まいは沖縄や奄美大島などの町屋に限りなく近い感じがする。家の周囲は防風林に覆われ、家屋は平屋作りが目立つ。険しい岬への道をクリアして佐多岬を制覇後、鹿児島湾を横断する地元フェリーに乗り岬とは対岸に位置していた薩摩半島・指宿温泉へ渡って先ずは1泊。指宿温泉と言えば『砂風呂』で有名なところ!そう、温泉で蒸された砂に埋められる事数分から数十分。まるで蒸篭で蒸された「シュウマイ(笑)」の様な体験が出来ちゃう訳ですよ。まぁ、そっち系が苦手な方もご安心を。極普通の温泉も御座いますので、砂塗れに成りたくねぇーって方はそちらをオススメします♪どっちも旅の疲れが取れてめっちゃ気持ち良い事間違い無しと断言致しましょう♪宿の料理も美味しかったし、それに何と言っても当地は『芋焼酎』の本場。宿泊した宿の方に地元民オススメの芋焼酎『利右衛門(http://www.riemon.com/top.html)』をご紹介頂き夕食時に呑みました。「まいうー!」の一言。幸せな指宿の夜で御座いました♪

次の日、指宿温泉を出発した私達は薩摩半島を更に南へ下り薩摩の名峰「開聞岳」へ。その後、枕崎から北へ上り、お茶の産地として、古い武家屋敷が残る城下町として、何より『特攻基地跡』が残る場所として有名な『知覧』を訪れました。私の大阪に住む親戚の伯母の故郷でも在る悲しい歴史の舞台と成ったココを昔から訪れたいと願っていました。特攻基地跡の資料館へも足を運び、特攻へ若い命を捧げた当時の若者達の切な思いに触れ、戦後の今の世の有り様を複雑に感じてしまった自分がいました。

重苦しくなった気持ちを振り払う様にバイクツーリングを再開し、知覧を離れた私達は一路進路を熊本方面へと足を向けた。指宿スカイライン、九州自動車道を経て熊本市内へ入り、そこから阿蘇山を縦断して「やまなみハイウェイ」を快走♪大分県へ移り、2日目の宿となる人気温泉地『由布院温泉』へ。いやぁ、春と言えども、鹿児島辺りと違ってこの阿蘇山から由布院へと繋がる高原地帯は一言走り抜けるには正直寒かったぁ・・・。南国・九州と言っても冬はかなりの積雪があるところ。軽装で旅に望んだ己の不備を恨みました(笑)

☆この話の続きは次回に♪では、また!
 

レンタル掲示板
/16