投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


返事ありがとうございます。

 投稿者:素人メール  投稿日:2017年 4月27日(木)20時00分37秒
  5月14日に行きます!
宜しくお願いします(^-^)
 

赤穂在住の素人さん!!

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2017年 4月27日(木)19時48分34秒
編集済
  赤穂在住の素人さん穂竜に関心を寄せて下さって有難う御座います。地元の穂竜愛好会の会員
の方が少ないので少々気にしている所です。しかし、穂竜の会員に無理をして入会勧誘を行な
うのは自分の過去の経験から心苦しく、私からは無理には入会をお勧め致しませんでした。
 しかしながらこの辺で地元会員の増強を考えないといけないと思っている所です。
是非、入会を考えて下さい。何方も最初は素人です。勿論、私も最初は熱帯魚から、それも
グッピーからの入門です。釣りは「鮒釣りから始まり鮒釣りで終わる」海外旅行は「ハワイから
始まり、ハワイで終わる」と言われています。観賞魚は熱帯魚の経験が有れば充分です、飼育
道具が揃っているでは有りませんか。新しい飼育道具はそれで充分なので不足を覚えれば買い
足せば宜しい。
 それで、入会は、来月(5月14日)に二歳会の品評会が赤穂城址の武家屋敷公園で行います
ので、その時に見に来てついでに手続きをして下さればOKです。お待ちしています。今年も穂竜
は孵化させていますので金魚の飼育に自信が無ければ、ハネ魚で飼育練習をしてくれれば宜しい。
 早めのハネ魚(小さいけれど)は差し上げます(無料で)。飼育に疑問が出れば、この掲示板で
質問して下されば、私の知って居る事ならばお答えいたします。
 

はじめまして

 投稿者:素人メール  投稿日:2017年 4月27日(木)14時09分22秒
  お忙しいところすいません!
赤穂市内の29歳です。熱帯魚飼育しかした事がない自分ですが穂竜を見て惚れてしまいました(^-^)
まだ飼育していませんが(>_<)会に入る事は可能でしょうか?どうか宜しくお願いします。
 

今年も聞きます「親魚の調子が悪い」

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2017年 4月25日(火)09時03分25秒
編集済
  毎年ですが、「親魚が調子を崩しているとか、稚魚が次々落ちる」等の話です。
 自分も昔は親魚をよく星にしてました。何故か?は不明のまま今日に至っています。色々原因
らしきものを考えても結論の無いまま現在に至ってます。何年か前、或る水族館で「マグロ」が
大量死した事がニュースで有りまして、大量死の原因を各方面の第一人者の方々に依頼、原因不明
(結論の無いまま)のまま終了しましたようで、その時一尾のマグロが助かって・・・その
助かったマグロも死んだとニュースで知りました。 自然界では時の流れで水族館内と言えども
川の流れの様に条件は刻刻と変化しており、魚の飼育状態と言うのは絶えず変化していて、死んだ
水質条件は再現が出来ないのです。したがって後で(結果の後では)原因を推測するしか方法が
ないので結論が出ぬまま終了となります。大きな水族館の専門の管理をされているところでも
死因の原因は決定できないのですから、一般の我々の段階では死因の結論など難しい。
 しかし、幾ら難しいと言っても死ぬのですから原因は何処かに有るはずです。その様に考えて
飼育しているといつの間にか不思議と魚は死なないようになるのです。その時がその技(金魚飼育
の技)が付いて来たのでしょう。それが経験なのです。

 写真は中国での魚の大量死のニュースです。私は中国には行ったことが有りませんが、大気、
   土壌、水質、の三大汚染が広がっているようですが、その内の一つの水質汚染の為の魚
   の大量死の写真の様です。逆に中国の方は日本の福島の魚や農産物が放射線による汚染
   が怖いと輸入制限をしているようですが(隣の韓国も)、この様な政治的な話はこれぐらい
   にしておきましょう。


 

今年の穂竜の本命(予定の雌魚)

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2017年 4月23日(日)21時05分44秒
編集済
  前回、大失敗の親魚はこの仔達(今日の写真の仔)で産卵させた卵でしたので、鼻が折れました。
再挑戦を考えて居ます。4月中に再挑戦をしたいと思っています。

 写真(上、中、)がその再挑戦予定の仔達です。穂竜の基本色の青色が綺麗に見えるので気
    に入ってます。全体にもう少し青色が濃い青色で、黄色ももう少し濃い黄色で有って
    欲しいのですが、沢山の仔の中から少しでも濃い色柄の仔が出来れば来年度もそれ等
    の仔との交配でより色柄の綺麗な仔に仕上げる様にしていけば理想に近づくと考えて
    います。今の仔はまだ茶色が見られますが段々とその茶色の斑紋を消すような交配も
    同時並行していけば自ずと先が見えてくると思っています。

 写真(下)穂竜のイラストです(画は川田 潮氏)。画のような色柄の穂竜を作りたいと思っ
    て描いてもらいました。
 

大失敗!

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2017年 4月21日(金)09時40分34秒
編集済
  4月18日は我が家の春爛漫と言った様相だったのですが、一抹の不安が的中!全て死卵(不
受精)卵と化していました。一番期待の仔の卵だっただけに残念です。2番仔は捨て置く予定
で有りましたが、2番仔の採卵を予定することに変更です。
 自分は毎回少しづつ採卵方法を変えており(自分の都合の良い方法に)今回もチョット簡単
に出来るのではと油断をした事が原因だったのではと悔いています。 2番仔の採卵は昨年と
同じような採卵に戻します。2番仔は例年と同じような桜の開花後20日前後、まだ、間に合
います。 自然界での採卵ふ化はヒーター無しで積算温度100℃なので、時期的には一日の
最高温度が25℃、最低温度が15℃で気温差が約10℃、一日の平均温度は単純計算で20℃、
 これだと5日でふ化と言う計算になり、その気温に近い日が(平年の気温温度で)当地の
5月中旬がその平均気温なので、5月中旬までの暖かい日(一日の平均温度が20℃前後)を
目安に採卵日を設定する予定でいます。

 写真は上、中、下共に使用した親魚(2歳魚)の穂竜で、此の仔達で採卵(4月の9日採卵)
   の一番仔は孵化して元気で居ます。来週の初めには第一回の選別をしますが、この時の
   産卵方法は昨年度の方法と同じ採卵方法をしたので受精率もそこそこでした。
   時期的にはまだ採卵には早く水温の低下の日が(10℃前後の水温の時)有るので水温
   低下防止の為ヒーターは設定して飼育してます。

 

弐歳会のお知らせ(場所訂正)

 投稿者:事務局メール  投稿日:2017年 4月19日(水)08時44分30秒
  陽春の候、会員皆様におかれましては益々ご清栄のことと推察いたします。

さて、「穂竜愛好会2017年弐歳会」を下記要領にて開催いたします。

何かとご多忙のこととは存じますが、ご同好の方々お誘い合わせの上ご来会のほどご案内申し上げます。


日時 ; 平成29年5月14日(日) 雨天決行
受付 ; 午前10時より
審査 : 午前11時より
場所 : 赤穂城址内 武家屋敷公園(google mapで岡林杢之助宅跡)
↑こちらが正しいです。

地図 : https://www.mapion.co.jp/m2/34.74786735909161,134.38856897867612,18
出陳魚 : 2部門  穂竜(弐歳魚)・変わり竜(弐歳魚)
   (魚の写真を必ず持参してください。ない場合出陳できません。)

分譲魚 : 予定 *数に限りがございますので無くなり次第終了。


*当日は朝8時00分より準備設営を行いますので参加可能な方は宜しくお願いいたします。

*車でご来会の方は、市立歴史博物館の駐車場に止めて下さい。

*会場近くの「大石神社駐車場」には止めないでください。他の催しが開催されております。

*当日の入会も受け付けます。

*中止の場合は、前日午後3時までに当ホームページにてお知らせ致します。
 (個別連絡は致しませんので宜しくお願い致します。)
 

2017年弐歳会のお知らせ

 投稿者:事務局メール  投稿日:2017年 4月18日(火)23時07分26秒
  陽春の候、会員皆様におかれましては益々ご清栄のことと推察いたします。

さて、「穂竜愛好会2017年弐歳会」を下記要領にて開催いたします。

何かとご多忙のこととは存じますが、ご同好の方々お誘い合わせの上ご来会のほどご案内申し上げます。


日時 ; 平成29年5月14日(日) 雨天決行
受付 ; 午前10時より
審査 : 午前11時より
場所 : 赤穂城址内 本丸門前
地図 : https://www.mapion.co.jp/m2/34.74786735909161,134.38856897867612,18
出陳魚 : 2部門  穂竜(弐歳魚)・変わり竜(弐歳魚)
   (魚の写真を必ず持参してください。ない場合出陳できません。)

分譲魚 : 予定 *数に限りがございますので無くなり次第終了。


*当日は朝8時00分より準備設営を行いますので参加可能な方は宜しくお願いいたします。

*車でご来会の方は、市立歴史博物館の駐車場に止めて下さい。

*会場近くの「大石神社駐車場」には止めないでください。他の催しが開催されております。

*当日の入会も受け付けます。

*中止の場合は、前日午後3時までに当ホームページにてお知らせ致します。
 (個別連絡は致しませんので宜しくお願い致します。)
 

予定(産卵)は完了!

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2017年 4月18日(火)10時24分13秒
編集済
  先日からの春の嵐は気温の上昇を見て、金魚の卵管も開きっぱなし!雄の輸精管も開きっぱなし
交配予定の仔も開きっぱなしで、今朝は全て完了しました。後はふ化率を知るのみで結果は数日
で判明するでしょう。
 今日でも産まない魚を親魚としてお持ちの方がいらっしゃれば、次回の雨日の予報を知って
一日前か二日前に水換えをして親魚の予定の仔に「サァ産め!」とプレッシャーをかけてやり
ましょう、水換えは産卵を促進させるのには効果が有るのです。低気圧や前線は南からの暖か
い空気を北上させ、空の雲が放射熱を保温し一日の最低気温を高めるのです。数日前からの
気温は五月下旬~六月上旬の気温だったのです。この事は飼育水温は5~6月と同じと言う事
で産卵時期の真っただ中であったのです。昨日から今朝にかけての日は、健康に飼育出来て
いれば(健康で有れば)殆どの金魚は産む日だったのです。
 二番仔や三番仔の採卵は予定有りません。飼育キャパが無いのです。

 写真は金魚の産卵には関係ないのですが、品評会で毎回利用しています「武家屋敷公園」の
   桜の木の華やかな顔です。晩春の(5月14日)公園の顔とは幾分違って見えますが、
   四月上旬の武家屋敷公園の「顔」です。一度でも研究会や品評会に参加された方なら
   この写真をご覧あれば会場のどの部分かはご理解いただけると思います。

 

交配予定の親魚

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2017年 4月16日(日)16時08分16秒
編集済
  例年の如く産卵予定は遅れてはいないんですが、早採りの方の稚魚の育成の大きさには気分的
に遅れを感じています。トラックでのリレーの前走者が第一コーナを回った時にバトンを受け
た感じですが、本命を採卵していない引け目がそう思わせるのかも知れません。一応五花竜と
二軍の穂竜は今日からブラインの開始です。
 黒青竜は産ませたのですが、親魚の体の準備が間に合わなかったようで失敗に(死卵でした)
終わりました。金魚も全員が同じ日に産卵しません。早く体が産卵準備が出来た仔から産卵が
始まるので、準備不測の仔や調子を崩した仔などは5月下旬や7月になって第一子(一番仔の事)
の産卵をする事が有ります。まぁ~その様な遅れた産卵は捨て置くのですが、仮に育てても大
きく育ちません(自分は育てませんので)。冬を越せないので、冬の間も温度を上げての飼育
になります(積算温度にならないのです)。本命は5月上旬までに産ませれば良いのですと(
自分や気になる方に言い聞かせて)自分に納得させています。何事も100%の可能の予測はあって
も、100%の確実は有りません。

 写真(上)黒青竜の雌(2歳魚)です。黒青竜は黒色面被りを目標に仕上げています。今年
    親魚に使用の仔はオスもメスも全て頭部は黒色の面被りの仔を残していますのでその
    仔達(今年の仔は)殆どが黒面被り「面黒(メングロ)」の仔が出来るのではないか
    と期待してますが、今現在は本命も何も産卵していません。準備は(自分の心の準備)
    完了です。黒青竜は全透明鱗が綺麗な浅葱色が出るようです。黒色は少ない方が浅葱
    色はより青く見えるようです。パール鱗がその浅葱色を弱く表現するのが欠点です。

 写真(中)すべて雌の仔です。

 写真(下)全てオンタ(雄共)です。今年の雄の仔はパール鱗の載りガ少し悪く長手の仔が
    気がかりなのですが...

 

/139