teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


稚内へ

 投稿者:久保田八海  投稿日:2015年11月12日(木)22時48分32秒
編集済
  こんばんは。

諸用で札幌に来ていましたが、
このまま帰るのも勿体無く、
夜行バスで稚内に向かう事にしました。

札幌は思ったより寒くないです。

大通りバスセンター23:00稚内行き乗車。
 
 

ご冥福をお祈りします

 投稿者:しーさん  投稿日:2015年10月21日(水)21時59分5秒
  母さん亡くなられたのですね。
なぎさの最終営業日にみんなでいろんな話をしたのがついこないだのようです。
母さんも礼文の地に帰られたとのこと
きっと喜んでいることでしょうね。
文夫さん母さん大変お世話になりました。
ご冥福をお祈りします。
またいつかこの神戸の地から礼文を訪問したいです。
 

近況・・・・・・

 投稿者:杉山 夫  投稿日:2015年10月15日(木)15時27分1秒
   ちんさん、大変ご無沙汰です。相当昔に朱鞠内湖で
妻と共々お会いしたことを
憶えております。
お母さんお亡くなりになられたのですか。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
家内と数度、なぎさに帰った際、親切にしていただきました。
本当にお世話になりました。
私もあれから、かなりの変遷がありまして
仕事柄、各地(北海道内)を転勤し、
礼文島の真向かいの利尻島にも2年間おりました。
今は、日高の浦河町で単身赴任をしています。
定年退職まであと5年となり、住宅新築の関係で
私は単身でいますが、家内は十勝の幕別町の新居で
どっしりと腰をすえて暮らしています。
なぎさでお会いした皆様と今も縁が続いている方も
おりますが、わからなくなった方もおります。
その節は、夫婦共々大変お世話になりました。
その頃を思い出して大変懐かしく思ってます。
又、お会いできれば思っております。
 

母さん亡くなられたのですか...

 投稿者:岡田家  投稿日:2015年 9月22日(火)23時05分50秒
  ご無沙汰しております。
伺うたびに家族が増えた岡田家です。
なぎさの面影をずっとネットで追いかけておりました。
もしかしたら再開するのかしら、そして再会できるのかしら。
いつか礼文で、閉ざされたなぎさの玄関で、毎朝みんなと撮ったように写真を撮りになんて考えていました。
母さん亡くなられたのですか。
お世話になりました。
最後にお会いしたときは、車椅子で港まで送って下さいましたね。
ご冥福をお祈り申し上げます。
 

書き込みありがとございます

 投稿者:ちんさん  投稿日:2015年 9月22日(火)15時14分26秒
  母さん、礼文に連れて帰れてほっとしましたね

私もその場所(なぎさ前)に立つと同じように色んな思い出が溢れてきます、呼ばれている声までも聞こえて来ます
でも、それは皆んな同じなんです

礼文島が無くならない限りいつでも行ける
そんな、大きな思いでいます
 

ありがとうございました

 投稿者:今は昔  投稿日:2015年 9月18日(金)13時47分45秒
  何年かぶりにやっとの想いでふるさとの地を踏みました。錆び付いて荒れ果てた我が家でしたがやっぱり我が家でした。玄関を開け家の中に入ると一瞬にして色んな思いが駆け巡りました。あの人の事この人の事、あんな事やこんな事、あああの時私はここでこの場所で生きていたんだ、そして幸せで輝いてた時間がここにはあったんだと。ただあの頃は一日一日を過ごすことに必死で色んな事に感謝する心の余裕がありませんでした。今更ですが反省しています。今回は少しか滞在しなかったのでほとんど何も出来なかったですが、倉庫から釜を出してきて家の前の伸びきった雑草をこんな風にしてしまいごめんなさいと心で詫びながら刈ってきました。目的だったかあさんの納骨はとうさんが眠る隣へやっと入れてくる事が出来きました。島に雪が降る前にもう一度会いに行こうと思ってます。ちんちゃんへ、この場を借りる事お許し下さい。皆さんにはたくさんの事与えてもらうばかりでした。きちんとした挨拶も出来ないまま辞めてしまったこと本当に申し訳なく思っています。なぎさを愛してくれたたくさんの方々心から有難うございました、、、。  

修正、加筆

 投稿者:久保田八海  投稿日:2015年 8月14日(金)19時47分29秒
編集済
  ちんさん、こんばんは。

投稿した内容を見ると文字が抜けていたり、
送信されないままになっていましたので
手直し致しました。

あの当時はパソコン持ち込んで
投稿しているのを見かけましたが、
今はスマホで簡単に投稿出来て便利です。

撮影機材もF4EからDfとLX100に
とって変わりました。
それにしてもデジカメは難しい!
 

八海さんありがとうございます

 投稿者:ちんさん  投稿日:2015年 7月25日(土)22時33分42秒
  礼文情報ありがとうございます
なかなか情報がない中で、こうやって連絡いただけるとありがたいですね
また、皆んなで礼文を歩くと楽しいのでしょうね
しかし、確実にバスは利用しますね、私も年取りました    (^o^)(笑)
 

帰宅

 投稿者:久保田八海  投稿日:2015年 7月23日(木)16時15分17秒
編集済
  昨日の大雨で留萌方面は大変だったようです。
天塩川、名寄川も増水し、行きに見た美しい流れは一変し濁流。
旭川からのすべての予定を中止し切符類を払い戻しし予定変更する事にしました。

昨夜に食べた「蜂谷旭川本店」のもやしらーめんは変わらぬ味で美味しかったです。

早朝の旭川を出立し、旭川始発「スーパーカムイ2号」で札幌。
札幌から「快速エアポート64号で新千歳空港。
新千歳空港からJALで成田に向かい帰宅の途に着きました。

稚内市内は商店のシャッターが下りたままで、かつての賑わいがありません。
島では2件の民宿が辞めるようで、現実の厳しさを見せられました。
桃岩展望台コースも歩道まで笹が茂り、高山植物も消える寸前の状態。
追い討ちをかけるように斜面の崩壊に歯止めが利かない状況は島全体に見られます。
歩いていても誰ともすれ違わない現実は、一抹の寂しさを感じました。
年内にもう一度、ゆっくり島を歩いて昔の足跡を辿りたいと思います。
 

島抜け

 投稿者:久保田八海  投稿日:2015年 7月22日(水)07時48分38秒
編集済
  おはようございます。

礼文は未明から強い雨。
林道散策予定でしたが、
昨年の水害の事もあり
まだ復旧していない部分もあることから、
朝1便で島を離れることにしました。

明日は富良野に向かう予定でしたが、
旭川で宿泊して天気の状況を確認して
予定を決めたいと思います。
 

レンタル掲示板
/32