teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:53/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

1906年、ルキノ・ヴィスコンティ (伊:演出家、映画監督『地獄に堕ちた勇者ども』) さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏メール  投稿日:2005年11月 2日(水)23時49分33秒
  通報
  >風の旅人さま
>「ネパールのガネーシャ像」にでも商売の更なる繁盛を願ってみますか~♪

■私も、休日出勤組、おたがいに良い汗をかきましょう(笑)。
まぁ、ご存知のように、そもそも「文化=カルチャー」とは、「耕す」という生産的な労働が語源ですしね。
えっ?「それって、西洋の見方だけやねん!」・・・。んでも、ガネーシャだって、「商売・お金の神様」という存在でもありますが、同時に、「学問の神様」でもありまんがな!
つまり、労働と文化は、古今東西、同じ行為なのよねん(笑)。
だから、「文化の日」に休日出勤をする私達は、もっとも正しい「文化の日」の過ごし方を実践する勇者(?)なのです!
え?「じゃぁ、勤労感謝の日にも、勤労に感謝して出勤するのかい?」・・・あはははは。
■では、最後に「文化の日」らしく私が10年前に入っていた北海道で最も古い俳句結社時代の作品を下記に披露いたしましょう!
デビュー当時から私は「特選」に入ったり、地元新聞に取り上げられたり、ビギナーズ・ラックな俳人(→今は、廃人?)でありました。
では、その狂気の天才の短冊を、世界に公開(=後悔?)いたしましょう!
久しぶりに自分で見ての感想⇒こんな短冊、作るヤツ、ふつー、いねーよな(がくっ)。
向かって左から、
・完璧な宗教を生む穀雨かな
・どこまでも仮説の次元流れ雲
・肉体を持った記憶の鯉幟(こいのぼり)
・レノン忌や伸ばした髪を梳り(くしけずり)
・帝国の記憶を抱いた鳥曇
・つちぐもり柩としての世界地図
・海に降る雪になりたし露天風呂
・桃の毛を頬にあてし黒衣の子

http://www.kome-kho-bong.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:53/160 《前のページ | 次のページ》
/160