teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:50/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

昭和の下町情緒溢れる港町『尾道』へ行って来ましたよ~ん♪(^_^)

 投稿者:風の旅人  投稿日:2005年11月21日(月)14時20分51秒
  通報
  ★ドウモ♪みなさん♪忘れてないですかぁ?風の旅人ですよー!(笑)
久保店長、1泊2日の『東京砂漠(笑)』横断の旅、お疲れ様でしたぁ♪

■いやぁ、11月に入ってから商売繁盛で本当に忙しい私・・・( ̄_ ̄)

公私共に多忙でって言うか、殆ど『公(仕事)』が私の人生の時を食っちゃってさ。思わず「この前に休んだ(遊んだ)のは何時だっけ?」って思っちゃうほどやもん。御蔭様で、米工房★掲示板登板間隔も開きっぱなし。流石の米工房エース(?)ピッチャーも、こんなに間を開けたら笑いのセンスも鈍るっちゅうねん(笑)。働くだけが能やないとは言うけどさぁ・・・。厳しい世の中、稼げる時に稼いで措いて、遊べる時には遠慮無く『パー』っと使うのが気持ちええもんね♪年内残り僅か一ヶ月弱!さぁ皆さん、頑張って参りましょうー!

■さて、話題は変わりますが・・・。久々の土曜日休みが先週出来た私~♪

お題の通り、私、19日(土)に母を伴って大林宣彦監督・映画ロケの町として有名な広島県尾道市へ日帰りの旅に行って来ました♪まぁ、もう何度も訪れているところなんで、主目的はありふれた観光では御座いません!それでは尾道へ態々何をしに行ったのかと言いますと・・・ズバリ!グルメ!そう下町グルメを求めて、路地裏探訪の旅なのであります!食いしん坊バンザーイ♪(^_^)

■下の添付写真を御覧下さい。尾道を訪れた事がある方なら良くご存知の風景。JR尾道駅東側の尾道商店街西口に在る『作家・林芙美子像』を、坂の町・尾道ならではの背景を含めて撮影したものです。この尾道に限らず、瀬戸内沿岸では良く見かける事が出来るのが坂の町風景。海岸線沿いに切り立った丘陵地に、古くから拓けた集落が点在しています。私の住む兵庫県でも、同じ様な町の風景を目にする事が出来ますよ。そして、そんな下町風情を代表するのが路地。北海道には無い路地裏文化と呼ぶべきひとつの集大成が港町・尾道の町並みなのでーす♪

☆国道や商店街と言った表通りに面していない路地裏に、びっくりする位の数のお店が尾道にあります。主に目に付くのは食べ物やさんですねぇ。「尾道らーめん」「お好み焼き」「お惣菜屋」等々。単に、私の食い意地が張っているから、そう言った物ばかりに目が行くって訳じゃねーから(笑)。そんな中で、先ずオススメしたいお店を一軒紹介します!
     ↓
■「桂馬の駒焼」で有名な桂馬蒲鉾商店
http://www.keima-kamaboko.com/top.html
ココの蒲鉾、桂馬の焼印が押された駒焼がめっちゃ美味いねん!(>_<)
バイクツーリング等で尾道に立ち寄った際には、季節を問わず頂く一品♪
食べた事がある方なら、アタクシの気持ちわかりますわよね?(笑)
何種類か買った内、駒焼は店の前で即胃袋入り~♪(笑)
他は御土産として持って帰り、その日の夜に我が姉上様、我が家専属のソムリエール嬢が厳選してきた2005ボジョレ・ヌーボーと一緒に美味しく頂きました。久保店長も気に成ると思われます姉が選び出したワイン。こちらの情報は、次回の掲示板登場ネタとして、写真付きでお話しますね♪

■さて、他にも一杯書きたいお話は御座いますが、長くなりそうなので一度お開きにしますね。また今度第二弾って感じで御話します。次回は、尾道市の南側にある「向島」の造船所にて一般公開中の映画「男たちの大和/YAMATO」の『実物大・戦艦大和』ロケセット見学をお伝え致します♪

☆追伸;久保元宏兄貴へ・・・。
     ↓
> ギャラリー「乙画廊(おと・がろう)」に行ってみてくださ~い。
     ↑
■今年中に行けるか如何か分かりませんが・・・( ̄_ ̄)
また乙画廊主人から連絡が来た時にでも「何だか近い内に、風の旅人さんって久保商店の秘密兵器(爆走旅キチ・ライダー)が、君のところへ来襲するかも知れないから注意して措いた方が良いよ(笑)」と教えて差し上げて下さい。では、またねー!

http://www.kome-kho-bong.com/kaze-no-tabibito-4.htm

 
 
》記事一覧表示

新着順:50/160 《前のページ | 次のページ》
/160