teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今は亡き天才ライダー!加藤 大治郎さんの誕生日です!

 投稿者:風の旅人  投稿日:2005年 7月 4日(月)22時11分49秒
  ☆ワンバンコ!ワンバンコ!ドウモ、風の旅人、5日ぶりの登場でーす♪
ちぃっとばっか、仕事が忙しくて中々書き込みが出来なくてゴメンなさーい(>_<)
それじゃ、始めますかァ~♪

■久保店長、否、元宏アニキー!観てますか?
最近の阪神タイガース『首位固め』を、熱く応援していますか!?
セ・パ交流戦を切っ掛けに、常勝ムードに転じた岡田阪神2005。
攻守共に良く纏まっているなァーと、安心して近頃のナイター中継を観ている自分が居ます(笑)。2003年の時みたいに、開幕からブッチ切りの様な派手さは感じさせない代わりに、落ち着いた試合運び、昨年と違って最後まで勝負を捨てない粘り強さを感じさせてくれます。それに、何と言ってもセットアッパー「藤川球児」や「二番打者・鳥谷敬」の成長がチームの好調を支える要因のひとつと言えます。それ以外に、赤星は肋骨を骨折する怪我を押して活躍する「ちんまい鉄人」と化しているし・・・。金本や矢野や外人勢も打ちまくっているしなァ・・・。只一人、今岡のバットだけ不調になっているのが心配ですけどね・・・( ̄_ ̄)

>> 風の旅人さま
>> 進路指導担当の先生と面談して参ります。
> ↑
> ■進路の先生と面談って言うと、学生側の立場しか思いつかなかった
> けれど、もう私たちオヤジ世代は、企業の立場で面談に行くほうが
> フツーなんですねぇ~(笑)。

★オイオイ?ちょっと待ってくれよ?
「もう私たちオヤジ世代」って、オレの事も含んで言ってんのかい?(笑)
確かにネ、オレは『今』、微妙な位置にいる・・・訳でもねぇか・・・。
どうせアタシは満34歳のオヤジ・ライダーですからー!残念!!(>_<)

■冗談はさて置き、めっちゃ久しぶりの母校来訪となりました。
実は、今日の夕方も企業求人票の写しを持って学校へ行って来たんです。
7月1日から、来年春高校卒業予定者対象の企業求人受付が解禁されるのを受けて、企業の求人窓口となる所轄の姫路南職業安定所まで書類を提出しに行き、受理して頂いた求人票の控えのコピーを持って母校の進路指導担当先生へ再び面談しに学校へ・・・。
お忙しい先生と十数分歓談した後、別れ際に「是非、活きの良いヤツを紹介して下さいネ!」とだけ捨て台詞を残して退散しました(笑)

> カミキリムシ男爵が、画家である奥様を連れて

★坂本順子画伯のご容態は如何で御座いましょうか?
快方に向われていらっしゃいますか?とても心配しています。
また、宜しければ近況を御知らせ下さい。

> ほぼ合格決定の学生が

★あのさ・・・、コレって如何よ?(笑)
確かに、映画通ぶって措いて『ラスト・サムライ』に感動したなんて
台詞は明らかに『失言(笑)』だと私も思うけどね・・・( ̄_ ̄)
しかし、ちょっと大人気ない気がしないでもないけれど(笑)
是非、その面談の場を傍聴したかったなァ~♪

☆イヨ-シ♪コノ間々突っ走れー!阪神タイガース!!
今日の写真はコイツに決まりや~♪どやー!兄さん!!
『2003セ・リーグチャンピオンVキャップとまんまちゃん♪』
ほな、また明日~♪
    ↓

http://www.kome-kho-bong.com/kaze-no-tabibito-4.htm

 
 

1966年、ザ・ビートルズが来日した日でもある♪

 投稿者:米工房★久保元宏メール  投稿日:2005年 6月29日(水)14時14分47秒
  >風の旅人さま
>進路指導担当の先生と面談して参ります。

■進路の先生と面談って言うと、学生側の立場しか思いつかなかったけれど、もう私たちオヤジ世代は、企業の立場で面談に行くほうがフツーなんですねぇ~(笑)。
■昨日は、某大企業の社長でもあられるカミキリムシ男爵が、画家である奥様を連れて、彼女の展覧会会場へと、沼田町の隣の深川市までいらっしゃっていました。
この社長、私が映画『ラスト・サムライ』を批判した文章を読んだ直後に、入社試験の最終段階の社長面談の時に、ほぼ合格決定の学生が「趣味は映画です。最近では『ラスト・サムライ』に感激しました。」と、言ったばかりに映画の議論をふっかけ、ついにはその学生は不合格にされたとか。・・・・・・なんと申しましょうか・・・。私のせい?がくっ。
■添付写真は、昨日の午前中、そんなヘンテコリンな謎のカミキリムシ社長を迎えての深川市の喫茶店にての、なごやかな(?)ひと時です。

http://www.kome-kho-bong.com/

 

パパイヤ鈴木さん、お誕生日おめでとう♪

 投稿者:風の旅人  投稿日:2005年 6月29日(水)12時33分40秒
  ☆コンニチハ♪毎度、関西は蒸し暑いです久保店長ー!
昨日は忙しくて、何も書き込み出来なかったわ・・・。

> スゴイよ、最近のライダーの増殖ぶり!

★ソウデスカ、アナタモ、ソウオカンジニナルノデスネ・・・( ̄_ ̄)
まぁ、アレですよ。渡り鳥が北海道に飛来してきたって感じやないかと。
つまりですね、一時的なもんで、秋口には姿を消していると思いますよ。

> そのウチに自動車の量より増えるかも・・・。
> 日本人全てが、風の旅人になる日も近い?

★フン!そう簡単(?)に、オイラみたいには成れねぇーよ♪(笑)
バイクの技量と笑いのセンス(?)を確り磨かねーと、オレの後姿すら
拝めないぜ!ビギナーなライダー諸君!?(嘘よ大嘘!)

> 実は、沼田消防団の出動日であったのです。

☆ハイ♪ご苦労様です(^_^)
実は、私も今日の午後から母校の兵庫県立飾磨工業高校まで、来年春に
卒業される学生さん向けの企業求人申し込みに関する面談に出向きます。
ハイ、この様に我が会社案内パンフレット持参で、進路指導担当の
先生と面談して参ります。いやぁ、母校に行くなんて卒業以来だから
16年ぶりですねぇ~♪うーん、ちょっと緊張しちゃうなぁ~♪

http://www.kome-kho-bong.com/kaze-no-tabibito-4.htm

 

三波伸介さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏メール  投稿日:2005年 6月28日(火)00時44分2秒
  >風の旅人さま
>新たなバイクブーム掘り起こしの起爆剤

■はぁ~ん、なるほどっ!そーだったのかぁ。
それにしても、スゴイよ、最近のライダーの増殖ぶり!
そのウチに自動車の量より増えるかも・・・。日本人全てが、風の旅人になる日も近い?
■さて、今日の私は昨日までの80年代パンクス生き残りから一転して、下記のような感じでした。いつもの私の書斎で、コスプレごっこをしていた、ワケじゃぁーないですよー。
実は、沼田消防団の出動日であったのです。・・・・・・へんなオジサンですなぁ、つくづく。

http://www.kome-kho-bong.com/

 

小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン)が生まれた日でもあるのよね♪

 投稿者:風の旅人  投稿日:2005年 6月27日(月)23時16分19秒
  今夜も元気に右手は「工具」、左手は『ビール』を持って、
夜高あんどん製作に勤しんでいるかい?沼田の大将♪
コンバンワ!風の旅人でーす!(^_^)

> 横尾忠則さん、お誕生日おめでとうございます!

★兵庫県が生んだ偉大な芸術家さん。
久保店長らしいネタのチョイスですねぇ~♪
それに対して、私は「耳無芳一の話」で有名な小泉八雲さんです。
ネタが少し(?)地味過ぎて自分のイメージには合わねぇーかもね・・・( ̄_ ̄)

■久保店長もご存知、風の旅人の週末『仕事』は不定期なバイク旅。
趣味のバイク・ツーリングで、もっぱらメインで巡る地は西日本だと以前に
元宏さんへ御話させて頂いた事があったと思います。日帰りで行ける範囲の
ロング・ツーリングで良く行くところが鳥取県と島根県の県境付近。
米子や松江、そして出雲大社周辺ですね♪

☆この前にご紹介しました境港も含まれます。最近はご無沙汰ですけどね♪

■小泉八雲が生前過ごした松江市に在る「小泉八雲記念館」にも数回、
足を運んだ事があります。ひっそりとした町屋に、氏の生前を偲ばせる
数々の貴重な品が展示されていて、ファンにはオススメの観光スポット!
間違っても、私みたいな爆音ライダーが場違いに訪ねて行くべき場所では
無いと『断言』して措きましょう・・・クスン(T_T)

>> 残念ながら、見事な釣果の撮影をし損ねた
> ↑
> ■つまり、あせってスグに食べちゃった?
> ■それだけ魅力的な真鯖だったんですねぇ~♪

★残念ながら、その予想はハズレ!残念!!(BY ギター侍)
風の姉上、ソムリエール嬢が勤めております「ムッシュ田中の料理とワインの店」
『ヴァン・ヴァン』のムッシュ田中へ釣れた真鯖全てを無料進呈したんですわ♪
    ↓
http://himeji-navi.com/vinvin/

☆日頃、娘が御世話になっているからと、風のオヤジが気前良く提供。
もう、ムッシュは恐縮しまくりで「オヤジさんはスゴイ人や♪コノ前も、
そない言いはって釣りたての立派な真鯛や鱸を持ってきてくれはった♪」
喜んで頂けただけで、私等は嬉しいんです!ホンマ、それだけです。
魚は、また瀬戸内海に繰り出して釣ってきたらええんやもんね!(^_^)

> 今、猛烈なバイク・ブームなのですか?すごいライダーの増殖です。

☆これから更に『ハムスターの繁殖』の様な勢いで増え続けるかも・・・(笑)
今年は「21世紀最初のバイク元年」になるかも知れないと言われています。

■理由は大きく2点あります。
先ず第1点として、4月1日から高速道路での自動二輪・タンデム
走行が解禁(一部の道路では不可)になった事が挙げられます。
これにより、バイクでの移動価値が更に高まった。
そして、もう1点が、6月1日から自動二輪AT限定免許
制度がスタートした事です。ライダーの間で「スクーター専用免許」
と言われています。

■この免許は現在生産販売されている国産スクーター排気量を例に、
段階的にクラス分けされています。

1;大型自動二輪AT免許(最大排気量650CCまでのスクーターのみ)
2;普通自動二輪AT免許(最大排気量400CCまでのスクーターのみ)
3;普通自動二輪小型限定AT免許(最大排気量125CCまでのスクーターのみ)

★この制度が実地されるまで、例え公道でスクーターにしか乗らないからと言っても、
自動車教習所や免許試験場で免許取得に使用されていたのは、変速操作にマニュアル
操作が必要な普通のバイクでした。スクーターしか乗りたくないのにと言う、私から
見ればおよそライダーの仲間入りすら許さぬ軟弱野郎(笑)達の声に国内販売が低迷
するバイク・メーカーも後押しして行政へ働きかけた結果・・・。
上記の『超・軟弱者免許』が誕生してしまったんです!(>_<)
嗚呼、バイクも乗用車と同じくAT車が先で市場を席巻してくんのか・・・嫌や・・・。
オレは車もMT車(スバル・インプレッサWRX)やどー!

これらが新たなバイクブーム掘り起こしの起爆剤となる可能性を秘めているのです。
特に、今年は春から大型スクーターの国内販売が絶好調♪普通のバイクよりタンデム
走行が容易で、荷物の積み込みも優れている点など、ツーリングには最適な要素を
タップリと持っているのがスクーターの良いところでもあります。
大量に増殖を続けるスクーター軍団が、これから北海道へドンドン上陸を果たす事が
考えられます。しかし、私は大ッ嫌いです!アレは単に楽な移動手段ってだけ!
私が理想とする「バイク」って乗り物とは違う!ストイックな部分が無いやんけ!
アレは「スクーター」で在って『バイク』では無い。別の乗り物やと・・・。
独断と偏見でゴメンなさい!スクーター・ファンの皆様許して頂戴!

> ■さて、私たちが過ごした週末も、ごくごく簡単に報告させていただきます。
> 私と若林博士は、24時間、こんな行動を共にいたしました。

★コレの何処が「ごくごく簡単に報告」なんよ?(笑)
貴方達ときたら、スゴイよねぇ~♪オレって凄く地味でしょう?
貴方達の行動の軌跡を文字で追っているだけで、その雰囲気に
のまれている自分に気付きました・・・。
ハァ、スゴイよ♪久保店長と若林博士!

http://www.kome-kho-bong.com/kaze-no-tabibito-4.htm

 

横尾忠則さん、お誕生日おめでとうございます!

 投稿者:米工房★久保元宏メール  投稿日:2005年 6月27日(月)13時57分46秒
  >風の旅人さま
>残念ながら、見事な釣果の撮影をし損ねた

■つまり、あせってスグに食べちゃった?
■それだけ魅力的な真鯖だったんですねぇ~♪
■先週末は私も、若林博士と二人でディープなアートの世界を堪能してきたのですが、その道筋、本当に多くのライダーたちとすれ違いました。印象では、「自動車:バイク」の比率が「3;1」ぐらい!今、猛烈なバイク・ブームなのですか?すごいライダーの増殖です。
■さて、私たちが過ごした週末も、ごくごく簡単に報告させていただきます。
私と若林博士は、24時間、こんな行動を共にいたしました。

<6月25日・土曜日>
午前2時 前日の幌新温泉ほたる館ビールパーティ(午後6時)から、若林さんとハシゴして、居酒屋「駒吉」より帰宅。

午前8時 久保、米工房へ出勤。

午前11時 札幌のakiller氏から映画『ディープ・ブルー』のDVDが贈られてきて、娘の空夢(小学校2年生)に渡すと、大喜び。本日の同級生の「お誕生会」に持って行き、皆で観たそうな。
http://akiller.cocolog-nifty.com/blog_of_akiller/2005/06/post_4e31.html

昼12時 「ギャラリーどらーる」掲示板に、ギャラリー経営者から深川での展覧会『坂本順子展』の、「若林博士~♪芳名帳コピーして送ってくださぁ~い。」のメッセージをみつけ、若林博士の携帯電話に依頼する(その時、博士はたった一人で建設中の自宅ログハウス用の旭川市で建築資材を購入中であった)。
http://www.doral.co.jp/gallery/bbs/joyful.cgi

午後3時 若林博士、来社。深川の「東州館」で芳名帳をコピーした後、来ていた客を乗せて、もう一つの会場の「うなかがめーゆ美術館」へ行ったそうだ。
なんと、その客とは全道展の大物画家、野本醇だった。伊達市からわざわざ観に来ていたという。
http://www.doral.co.jp/gallery/kako/2000/may/

午後6時 若林博士をひろって、マークⅡで札幌へ。

午後8時 札幌着。車を宿泊先に置き、地下鉄で大通りへ。

午後8時20分 シアター・キノで映画『コーヒー&シガレッツ』(監督;ジム・ジャームッシュ)。さすが、お見事!小津安二郎や落語に通じる、「間」の感覚が心地よい。
http://coffee-c.com/

午後10時30分 イタリア・レストラン「パオイズム・ヨシミ」で、白、赤ワインを1本づつ。
料理は、和風がミックスされていて、なかなか個性的。内装が、オシャレー。回りは週末の若い恋人同士ばっかり(がくっ)。

<6月26日・日曜日>
午前1時 レストランを出て、バー「Mojoクラブ」で、ウィスキーをロックで飲む。

午前2時 タクシーで宿泊先に帰宅。寝る。

午前8時 起床。シャワー。NHK-BS『週刊ブックレビュー』で、吉本隆明『吉本隆明「食」を語る』(朝日新聞社)を絵本作家の五味太郎が、書評するのを観る。

午前9時 マークⅡで出かけ、ススキノの大型駐車場に入れる。1日券=900円。

午前9時半 某ホテルの朝食バイキングにまぎれこみ、朝食。
そのホテルのロビーの「観光情報用☆無料インターネットPC」で自分のEメールのチェックと、映画までの空いた30分間の過ごし方をチェックし、魅力的な個展「my gyroscope 渡會純价 展」を発見。
http://222.146.56.219/gallery/bbs/img/2939.jpg

午前10時 大丸藤井セントラルの画廊で、渡會純价、大谷短期大学OB「谷の会」展覧会を観る。
「谷の会」には、佐藤潤子、関川敦子、洞内麻希、米谷雄平らの作品もあり、トクした気分。
特に、川畑盛邦の意欲的な作品が素晴らしかった。この画家はまだまだ変わって行きそうだね。
http://222.146.56.219/gallery/bbs/img/2999.jpg

午前10時40分 シアター・キノで、映画『タカダワタル的』を観る。
意外にも、満席!最前列で若林博士と並んで観る。
終始、笑いっぱなしで観たが、高田渡が死んだのだと思いながら笑うのも、なんだか彼らしい。
http://www.altamira.jp/takadawataru/

昼12時 駐車場からマークⅡを出し、『全道展 60周年記念』を観る。
http://www.doral.co.jp/kimio/6.15_056.jpg
富田知子風、佐藤潤子風が増えたような気がした。
若林博士に昨日、車に乗せた野本醇の絵も紹介する。
http://www.doral.co.jp/kimio/6.15_073.jpg
新聞や、HP「ギャラリーどらーる」に紹介された画像で衝撃的だった、最古参の栃内忠男のアヴァンギャルドな作品を楽しみにしていたが、やはり実物を観てよかった。
http://www.doral.co.jp/kimio/6.15_038.jpg
彫刻は、小川誠や澤口真美のように、浮遊感のある作品にいいものがあった。「丸み」と「浮遊感」の相関関係をいつか考えてみたい。
全てを観ると、やはり1980年生れの會田千夏のズバ抜けさが強調されて印象に残った。
http://www.doral.co.jp/kimio/6.15_020.jpg

午後2時 ギャラリーどらーるで、『黒阪陽一展』。
受付の女性に、「これ、どらーる社長に渡してください。」と、若林博士がコピーしてきた深川の『坂本順子展』の芳名帳を渡す。すると、「社長から沼田町の久保さんが来たら、これを渡すようにと言われてました。」と、全道展の招待状を渡される。
今、観て来たばっかだっちゅーの(笑)。
黒阪画伯本人も、ヒゲ顔でいらっしゃった。
絵の印象は、「夜の処女」、と言った感じか?明らかに物語性を含んでいると思うが、それは何か?
http://www.doral.co.jp/gallery/kako/2005/06/index.html

午後2時半 スープ・カレーなんぞを、ミーハーにも食べてみる。
私は「真だらカレー」900円、若林博士は「ハンバーグ・カレー」。
中辛でも、かなり辛く、味が分からん(笑)。
でも、スリランカ狂和国のカレーは辛くても味が分かったような気がするのだが。

午後3時 JR札幌駅前通のグランド・ホテル内のスタバでフレンチ・コーヒーを買おうと路上駐車をすると、若林博士の携帯電話に、ギャラリーどらーる社長から電話。
なんだか良いサプライズな内容らしく、若林博士は興奮してニコニコと、うなずきながら電話で話している。その博士の興奮に身振り&手振りが混じり、なんだかヘンだなぁ~っと、思っていたら、なんと路上駐車中のマークⅡの窓から元沼田町のシャラポワと言われた女性が歩いているではないか、「さぁさぁ、どうぞ。まぁ、どうぞ。いつぞやはまぁ、さぁ、どうぞ。」と、マークⅡの中に連れ込み(?)会話。
バイリンギャル(?)の彼女は沼田町のAETがいなくなることを憂いていた。
盛り上がる若い(?)二人を置いて、私はスタバへコーヒーを500g買いに行く。

午後4時半 沼田町への帰路の途中に、砂川市に住む造形作家、内海真治の自宅でもある「浮浪工房」へアポ無しで訪れた。
陶やガラス、木を使いユニークな作品を作っている作家。
工房の外壁がありとあらゆる形状のタイルと、ご自身の作品(失敗作)をベタベタと貼り付けている。
雑然とした庭にも、鉄やタイルの作品が美しい草花となじんで多く並べられている。

アトリエも見たが、とにかく多作な作家だ。「業」みたいなものがあるのだろう。
1948年生れ、明治大学卒業、某大手広告代理店勤務、40歳で脱サラ、今の世界へ。
ヘンテコリンだ。
庭でコーヒーをいただく。風が気持ちいい。
3人で並んで写真を撮ると、
1960年代の、ジャズ・エイジの生き残り=若林博士
1970年代の、ヒッピーの生き残り=内海画伯
1980年代の、パンクスの生き残り=久保(がくっ)、みたいな絵づらになっちゃった(笑)。

http://www.kome-kho-bong.com/

 

「明石海峡・釣りバカ日記」(by 風のオヤジより)

 投稿者:風の旅人  投稿日:2005年 6月27日(月)12時38分50秒
  ☆こんにちは、久保店長様♪いよいよ6月最後の週と成りました!

★私は先週の週末、土日共に会社の仕事や自治会の用事で終わってしまいましたが・・・(T_T)

■風のオヤジは「もうひとつの顔」とも言うべき「釣りキチ」を超えた日曜大工成らぬ「日曜漁師(笑)」として、土曜日は日曜日の『漁』の為にマイ・ボートが預けてある兵庫県相生市のマリーナに出向き、マイ・ボートの入念なメンテナンスと釣り仕掛けの準備を行いまして、次の日・・・。

☆梅雨入り中の筈なのに、照り付ける日差しが痛い位の真夏日となった昨日の日曜日。
風のオヤジは「チーム・還暦・メンバー」の一人を伴って、相生湾、奥のマリーナから颯爽と瀬戸内海へ繰り出して行きました~♪目指すポイント海域は何と明石海峡!瀬戸内海一の深さと潮流の速さを誇るココは、昔から「明石鯛」「明石蛸」などでも知られる様に豊かな漁場で御座います。

★正に「老人と海」を自ら実践するオヤジ達!(笑)
数多くのライバル達が既に出船している中へ、片道1時間半程の時間を掛けて到着~♪
風向きや潮の流れを読みながら巧みに船を操り、先に居た船達の動向も探りつつ・・・・。
『今』の状況での釣りのベスト・ポジションを探り出す!そして、釣り仕掛け投入!
狙う獲物は『真鯖』である!

■同じマリーナに所属する釣り仲間から寄せられていた情報。
「風はん等、今度、明石海峡まで行ってみなはれ。ええ真鯖が釣れまっせ♪」
これを聞いて、我等、風親子の「釣りキチ魂」が大人しくしている筈が無い!(笑)
しかし、残念ながら、私は上記の所用で釣りを断念!(T_T)
私の代わりに、還暦過ぎのハーレー乗り仲間に声を掛けてオヤジは釣りに出て行った。
そして、見事にビッグサイズの真鯖を大量にゲットして帰って来たー!
平均40cmオーバーを13本!それより形の小さな物まで含めると相当な量になる!?
正に『漁』、もう、こうなってくると釣りってレベルじゃないよね・・・。
喜んで私に今日の釣り報告じゃなかった『漁報告(笑)』をするオヤジ。
行けなかった私の気持ちは、ちょっと、否、結構微妙でしたけど・・・・( ̄_ ̄)

★残念ながら、見事な釣果の撮影をし損ねた(焦)ので・・・。
代わりに真鯖を紹介している下記HPでも見て下さい。
    ↓
http://www.onebizmy.com/zukan/zukan_view.asp?gyosyu_master_id=156

★昨日から一段と暑い日が続いている姫路市より、風の旅人がお伝えしました♪

http://www.kome-kho-bong.com/kaze-no-tabibito-4.htm

 

( ̄_ ̄)

 投稿者:米工房★久保元宏メール  投稿日:2005年 6月25日(土)02時15分41秒
  >風の旅人さま
>全国ネットのニュース画面に「雪中米」のロゴ

■下記の添付写真は、去年の10月23日の、シャトー若林博士から見た「雪中米」の施設です。

http://www.kome-kho-bong.com/

 

炭鉱&積ん読のボタ山より『自然の山』に癒されて・・・( ̄_ ̄)

 投稿者:風の旅人  投稿日:2005年 6月24日(金)23時34分33秒
  ☆こんばんわ、久保店長様ー!
只今、TV大阪(TV東京系列)の「ワールドビジネスサテライト」を観てビックリ!?
何と沼田町の取り組みがクローズ・アップされているじゃありませんかー!

■全国ネットのニュース画面に「雪中米」のロゴが描かれた沼田町のプラントが
映し出されたのを観て驚きつつ、我が事の様に喜んでしまった私です♪
「動き出した雪氷エネルギー」ってタイトルで省エネ・ビジネスが北海道を
舞台に語られていましたが、地道な沼田町の試みが更なる飛躍へと繋がる
可能性を感じさせてくれたニュースでした♪

> ■最近、色んな方から本をいただいたりして、
> なんだか「積ん読(=つんどく)のボタ山」に
> なりそうな我が書斎に、今日もまた本が届きました。

★いやいや、もう、留まる事を知らない蔵書の増え方。
アレやネ!毎週って言うか毎日(?)、問屋から久保『書店』へ
本が入荷しているって考えたら別に変や無いって・・・・何でやねん!?

■純文学って聞いた瞬間「宮沢賢治」位しか頭に浮かばなかったボケ・ライダー(笑)
どうも勉強不足で申し訳ありません。今度、8月にお会いした時にでも、
私の様な旅キチ・ライダーに向いた書籍、文集が御座いましたら教えて下さい。

本日のオマケ;題名にも書いた通り、やっぱり自然の山に癒されたいって事で。
知床半島の羅臼岳と風の親子の記念写真(2001)を添付しまーす♪

http://www.kome-kho-bong.com/kaze-no-tabibito-4.htm

 

『羚』 第16号

 投稿者:米工房★久保元宏メール  投稿日:2005年 6月24日(金)14時37分43秒
  >風の旅人さま
>沼田だと、イイトコロ「炭鉱のボタ山」って感じやないすかァ・・・( ̄_ ̄)

■最近、色んな方から本をいただいたりして、なんだか「積ん読(=つんどく)のボタ山」になりそうな我が書斎に、今日もまた本が届きました。
これは、『羚』第16号(2005年夏季号)と、いいまして、いわば文芸評論や現代詩の雑誌ですね。書名、読めますか?「れい」と、読みます。
この雑誌をご存知の方は、かなりの純文学マニア(=私もそうなのか・笑?)であると思います。
たとえば、今号の目次から題をひろえば、「隠喩の論理―高橋和巳再読」、「生きる証としての詩作―ハンセン病者の詩」、「カンパネッラ『哲学詩集』」などなど、浮世離れしてまんなぁ~と、ツッコミを入れられると、無言で同意せざるを得ませんが、炎天下の世間から、ひやりと木陰に座ってみて、こんな書物に目を通すのもいかがでございましょうか(笑)?
私は、この雑誌の発行人でもある文芸評論家の神谷光信さんと、彼の著作『評伝 鷲巣繁男』をめぐって色々とお付き合いさせていただいた関係で、毎号、この雑誌を送っていただくのです。
詩には三木露風も含めて、童謡から超難解まで、色々とありますが、その色々あるとゆーのがまた、「世間」なのですねぇ~♪

http://www.kome-kho-bong.com/

 

レンタル掲示板
/16