teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/392 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:うめメール  投稿日:2010年 4月27日(火)13時34分38秒
  通報
  こんにちわ

私の所属するグループ・ウエアに以下の書き込みをしました。
田坊さまのアピール記事を一部変えました。
変えたところは、「人として生きるという倫理に照らして明らかに正しいこの願いを叶えて頂くよう、中国共産党中央政府に対し誠意を持って心から強く要請致します。」を

「人として生きるという倫理に照らして明らかに正しいこの願いを叶えて頂くよう、中国共産党中央政府に対し、心から強く要請致します。」 です。

失礼でしたらご容赦ください。以下、掲載文です。


青海省大地震http://www.mercycorps.org/qinghaiearthquake
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/04/html/d24465.html

私も参加している“宗派を超えてチベットの平和を祈念し行動する僧侶・在家の会”(略称;スーパーサンガ)では、中国西部、青海省大地震救援のために
「中国西部、青海省大地震中国西部、青海省大地震の被災者のための緊急アピール」を日本記者クラブで行います。

ご承知の通り、この地域は海抜4000mを越える高地であり、チベット仏教徒の居住地域です。
彼らの指導者であるダライ・ラマ師は、被災地訪問を願われていますが、入国できない現況にあります。

アピールの概要は、以下のようになります。


「この度、私たちは、地震被災地であるジェクンド(玉樹)被災地の方々が胡錦涛総書記及び温家宝首相に送った「ダライ・ラマ法王の被災地訪問請願書」とダライ・ラマ法王が被災地訪問を強く願われた書簡を手にし、国家主権・国籍・人種・性別を超えた「人の心を慈しむ」同じ仏教徒として、人として生きるという倫理に照らして明らかに正しいこの願いを叶えて頂くよう、中国共産党中央政府に対し、心から強く要請致します。」

そして、
「生命を守る友愛」を政治的信条とされる鳩山首相に、言葉にできない苦しみの中にある被災地の人々のもとへ、ダライ・ラマ法王が訪問できるように」と呼びかけます。

日本プレスセンタービルで緊急記者会見の用意がありますので、
メディアの方は以下までご連絡ください:

【日時・場所】
4月30日(金) 15時~17時
日本プレスセンタービル 9階  『日本記者クラブ』大会議室
東京都千代田区内幸町2-2-1
都営三田線『内幸町駅』徒歩1分

メディアコンタクト;

善光寺徳行坊住職、若麻績敬史師(日本語)

*私の友人の医師と看護師は、先日ハイチ大地震の救援活動から帰国しました。気温36℃のなか、惨状を目の当たりにしながら、必死の救命活動をなさいました。今回の玉樹地区では、救援活動中に高山病にかかる人も多数と聞きます。

かつて大地震を経験し、地震多発国日本の私たちもまた熾るべくして熾る地震に際しては、世界中の人々の支援・救援を受けることになるでしょう。

宗教者は、イデオロギーを超えて、いつも困窮する人々の支援に立ち続けたい、そう噛み締めました。
合掌
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/392 《前のページ | 次のページ》
/392