投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


生き生きトンボ、生きトンボ(レ)

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月20日(日)21時42分0秒
編集済
  金魚の蘇生を願って書いていますが、「とっくに知っている!」と言う方も、もう一度初心に
帰り反省しながら見ていただきたいと自分の過去を曝け出して書いてます。

 病気の治療薬を書いているのですが、何回も書いています様に金魚の病気には決定的な治療
薬なんて無いに等しいのです。無いと言ってしまうと身も蓋も無いので、せめて、何とかなら
ないかと人や家畜に使用の殺菌剤や消毒薬を代用しているので、その代用薬を代用薬なので、
それを理解して使用して下さいと書いているので、使用される方も覚悟して使われるように
と説明しているのです。

 写真(上)何回も登場させている表です。この表に記されている薬品名と効果の考えられる
    病名との関係を〇印で記入されているのです。
    表の見方は先ず、丸印の無い病気には薬剤が無効と言う事を理解して下さい。
     アクリノールは病名のイカリムシ、ウオジラミ、吸虫病、水カビなどの〇印の無い
    病名には無効と思ってよいのです。

    前回に書いたイソジン、やホルマリンは大きく幅が有って(抗菌スペクトルの幅が広
    い)どの様な病原微生物にも使用が可能の薬剤と言えるのです。只、ホルマリンは
    薬害が大きいのと人にも影響が有るので使用しては危険ですのでお勧めしません。

    この表は病気と効能の見られる薬剤とのマッチングの表として利用して頂くように
    再々お見せしてます。

 写真(中)市販薬剤の欄の上から7番目の「メチレンブルー(青)」水溶液の説明の写真で
    す。水溶液と書かれていますので、水に溶解したメチレン青の液と言う事です。
    メチレンブルーは自分は現役の頃は良く使用してました。消毒液としてではなく染色
    液としてお世話になった薬剤です。 細菌の染色には欠かせない染色剤で粉末を溶解
    し使用してましたのですが、この色素が殺菌作用が有ると言う事を知ったのは熱帯魚
    の飼育をしていて病気の治療にこの水溶液が「白点病に効く」と言う事を知ったので
    す。 メチレン青の粉末は25グラムがネットでは4390円で売られてますので購入して
    置けば飼育者が(金魚を飼育されて居る方が)死ぬまで使用できます。

    100mlの水に1gのメチレン青を溶解すれば良いのです。説明書には0.82gと明記され
    ていますが、金魚に使用は1gでも、凡そで宜しい。この溶解液10mlを飼育水40~80?
    に溶解させて薬浴と書かれています。

    原生動物が原因となる白点病、白雲病、黒斑病、ツリガネムシ、水カビ病、には、
    効果が見られるが、細菌性の病気には理論上は有効であるが、実際の効果は低いと
    書かれています。つまり鰓病などには害が有っても効果は無いと言うのです。

    効果が無いと書かれているのに使用されて居る方が居られるのには、自分としては
      全く理解できません、副作用しか見られないのですのにと思うのですが・・・

    金魚の健康状態が効かない薬剤の投入によってますます悪い方に進行するのです。
    そして次々に別の薬の投入へと移行して居る方が居ますのは残念と言うより悲しくな
    ります。

    メチレンブルーを無精卵や餌の食べ残しに水カビが発生するのを防ぐ目的で使用する
    場合が有るとこの表の最後の行に書かれています。しかし、それでもカビは生えます。
    思ったより効果は出ません、投入しないよりまし位の感覚で使用すれば腹が立ちません。

 写真(下)市販薬のサンエースの説明です(薬剤の欄の12段目がそれ)。
    この市販薬の処方を(有効成分)を書いてますのでご覧下さい。
    処方には、前回のアクリノールを0.3g、今回のメチレン青を0.2gとサルファ剤
    (化学剤)の0.2gを水100mlに溶解したものです。
    サルファ剤の溶解で前者(アクリノールとメチレンブルー)の端緒を補う事によって
    細菌によって発症のカラムナリス、穴あき、赤斑病、松かさ病を加える事が可能とな
    っています。

    自分は細菌検査をしていたので、サルファ剤に抵抗の(耐性の)菌が多く多くの病原
    菌が現在ではサルファ剤に対して耐性を持つようになっており試験管上では殆どの病
    原菌が死にません。 この薬剤を金魚の細菌(病原菌に)病に使用しても殺菌作用が
    有るのだろうかと甚だ疑問に感じています。特に、エロモナス菌とかカラムナリスは
    すでに、耐性菌になって居るのではないかと思っています(ハッキリ言わせてもらえば
    効かない細菌(病名)が有ると言う事)。



 

生き生きトンボ、生きトンボ(タ)

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月18日(金)15時17分56秒
編集済
  金魚の蘇生を願い書いています。
何回も書きますが金魚の病気(蘇生)は治療薬や妙薬は御座いません。有るのは人畜に使用の
殺菌剤(消毒薬)を金魚にも試し使用しているだけです(製薬会社に恨まれるかもですが、
自分はそう感じています)。

 で、金魚に使用の殺菌剤ですが、人畜に使用の殺菌剤を金魚にも使用して居るのですが
魚類の使用の殺菌剤も養殖魚(人間が食用として養殖している魚には使用の制限が有って)
金魚に付いてはその制限のないもので、限られた品目(薬剤)にならざるを得ないようです。

 その限られた薬品も殺菌剤(消毒剤)と言えども使用については条件が有るのでその条件を
満たさない薬剤は良い薬剤とは言えないのです。

  以下良い薬剤の条件です。
 ①人畜に無害な事=病原菌だけに有効(人や家畜や魚に副作用なく)で有る事
 ②使用しやすい事=簡単に使用出来る事
 ③安価で有る事=値段が安い
 ④有効期限が長い事=賞味期限(有効期限)が長い事
 ⑤温度に左右されない=高温でも低温でも効力が落ちない事
 ⑥無色、無味、無臭の事=匂い(悪臭)や着色が見られない事
 ⑦水中の含有物に力価が落ちない事=有機物や化学物質に反応して効果が落ちな事

  まだまだ考えられますが、それらの条件(上記の条件を満たす)を受け入れる薬剤は無いのです。

  現存の全ての消毒薬は欠陥商品なのです。それでも病原菌の殺菌を行わなければ金魚は死に至る
 のです。

 それでは前回に(1月16日の生き生きトンボ、ヨ)お見せしました写真中と下の、治療薬(消毒薬)と
 作用スペクトルの説明をして見たいと思います。その写真の中で治療薬の欄の一番上の欄の
 アクリノール(消毒剤)の説明から。

 写真(上)アクリノール(消毒剤)の説明です。
    液体で薬液100mlに含まれる有効成分は...アクリノール0.1g
    つまり、市販のアクリノール液は   水が99.9%でアクリノールは0.1%と言う事です。
    水1ml≒1gとして計算してます。 遮光が必要なので茶色の瓶に貯蔵します、光によって
    効能が落ちると書いています。 いずれにしても、水ばかりと言う事です。99.9%が水です
    から。

    下段の枠の説明では...アクリノールは治療薬としてのデータは無いため、有効性は不明です
    と、言う事です。 値段が安いのは良い薬品の③になりますので値段が安いのは結構ですが、
    薬液が付着すると黄色に変色し脱色し難い欠点が有るので良い消毒薬とは言えない。

    アクリノールは作用は殺菌と言うより「静菌」と言う作用と書かれています(静菌の意味を
    理解して下さい)。
    このアクリノールの入っている治療薬は以後に沢山出て来ますんで見て居て下さい。

 写真(中)イソジンです。自分はこのイソジンを殺菌にお薦めしていますので、後で説明します。

 写真(下)前回(1月16日)の写真中及び下の治療薬の欄の上から4段目のホルマリンの説明ですが
    この消毒薬は「劇薬」なので簡単には入手できませんし、刺激臭、塩を混入しますと毒素が
    発生します。消毒剤の欄に記入されていますが、人畜に無害どころか有害なので消毒剤として
    は欠陥商品です。 使用してはなりませんが、一応この様な薬品が消毒薬の名で有ると言う事
    位に留め置いてくれればと書いています。只、人体に有害なだけあって全ての微生物を殺しま
    す。

 

生き生きトンボ、生きトンボ(ヨ)

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月16日(水)12時55分17秒
編集済
  金魚の蘇生を願って書いてます。 金魚の病気で毎年多くの仔を☆にしており、折角の飼育
意欲を無くし、止められる方が多いので折角飼育している仔を落とさない様にするためには!?
を共に考える時期(金魚の冬眠時期に)と思い書いています。

 この事は(飼育金魚を死なせてしまう事は)自分も過去にはウンザリするぐらい経験しまし
たので、皆さんには味わってほしくないのです。 絶対に死なない(殺さない)と言える方も
居られるでしょうけれど、絶対とは言い切れないのでは?無いでしょう。

 医学が発達したと言っても、人間の病気も絶対と言う治療法は無く、対症療法のみが先行し
ているのです。肺炎と言う病気一つとっても、新聞を見て下さい。この病気(肺炎で)での
御逝去される方が多い事でもご理解して頂けると思います。

 肺炎は感染症ですが、色んな抗生物質が発見し使用される現代においても、肺炎一つも治癒
出来ないのです。肺炎は肺炎菌(Streptococcus pneumoniae)が原因なのですが、その他にも
多くの細菌で発症します。むしろ、肺炎は肺炎菌以外の菌で発症する方が多いのです。多くの
発症原因菌には、それぞれ抗生物質に感受性が違うのです。感受性の低い抗生物質は投与して
も効果が見られないのです。

 効果の高い抗生物質を投与しても、体力のない(免疫力の低下の患者さん)患者さんでは、
全く効きません。肺炎で亡くなられた方の多くがこの免疫力の落ちたお年寄りだったり、他の
病気との併発で有ったりしているものと考えられます。

 人と金魚と同じとするな!っと、お叱りをうけるのを覚悟で書いてますが、金魚も免疫力が
落ちるとどの様な殺菌剤の投入も効果は得られません。以上の事を踏まえれば、金魚の飼育は
「免疫力を落とさない飼育」をする事ですが、それはそれぞれが飼育条件を考えて自分の飼育
が最適かを実行する事です。 その事を「生き生きトンボ」で書いているのです。又その事を
(金魚を死なせない飼育を)書いていこうと(私の経験を基に)思っています。

 今回も同じことを書きますが、金魚の病気は沢山あるのですが、治療薬は無い! 有るのは、
市販の消毒剤だけです。つまり、金魚の治療は感染症の一部だけしか治療が出来ないのです。
 その一部の感染症を理解していれば、多くの仔を☆にしなくて良い事になるのです。

 写真(上)は何回も登場させている表ですが、金魚が見せる病気の症状ですのでシッカリ
    記憶しておきましょう。この表は「伊東養魚らんちゅう」さんのホームページより
    「養魚場部門」からの無断引用ですので、貴方も其処をご覧になれば見られます。

 写真(中)この表も同じ所をウロウロ覗くと見られます。
    この表は数少ない感染症やそれに類する病名が書かれていますので、特に有名な病気
    なので、これぐらいは覚えておきましょう。(病名と治療薬の一覧表)

 写真(下)市販の治療薬の代表名です。つまり、病名が理解(診断)出来ればその治療薬と
    言う事ですが、この治療薬を検証しておきたく思っています。
    上の写真を大きくしてものです。



 
 

生き生きトンボ、生きトンボ、(カ)

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月14日(月)12時09分20秒
編集済
  生き生きトンボ、生きトンボ、
死んだら焼いて喰う(炊いて喰う)
生きたら放す。
 は、魚の蘇生時に謳う呪文です。 蘇生は人では「人工呼吸」で有ったり「AED」の使用
です(12月3日の掲示板の生き生きトンボ)。

 自分は予てより金魚も人間も起源は海水中の生き物(魚に)で有り人間とも遺伝子的に似た
部分も多く、人と同じような呼び方をしており、「この仔」と言う表現をしております。

 生き生きトンボの表題も蘇生という願いから、子供の頃に唱えた呪文を表題にしております
のでご理解して頂きたい、尚、当呪文は近隣の(兵庫県)地のみの表現の様です。

 金魚の病気には人と(人間の病気と)同じような病気が有るのです。この事は金魚も人も同
じ病気になると言う事で治療法も同じで良いと言う事なのですが、金魚の治療は人の病気の治
療法が適用できないのです。 なので、金魚の病気の治療は簡単な病気でしか治療が出来ませ
んから、基本的な知識だけでよいのです(後々書きます)。

 金魚の病気についてはあらゆる病気を列挙しその治療法も詳しく書いている方が居られます
が、全く無駄!です。金魚の飼育をされて居て金魚が病気になれば「無駄な治療」は止める事
です。無駄な治療とは回復が認められない病気の事で治療薬の無い病気の事でも有ります。

 今回の写真は、その病気の治療法が無いので、治療はやればやるほど金魚を追い詰めるので
そっとしておいてやる以外に方法は無いのです。 前から何回も書いていますが金魚の病気の
治療薬なんてほとんどない!と言っても良いのです、が、それではあまりにも冷酷!ですね!

 写真(上)写真は有る魚の病気の本からのものです。もう、ウン十年も前に貰ったものです
    が、魚にも人と同じような病気が有るのです。人はこの病気になると患部の切除など
    したり、抗がん剤の使用で治療を始めますが、魚には出来ませんので只々、見守るしか
    出来ません。

 写真(中)この記事は「フィッシュマガジン」からのものだったと記憶してます。
    自分の「魚の病気」のファイルの中から引用してます。この病気は人間では「悪性
    黒色腫【メラノーマ】」です。腫瘍(癌)の一種です、「黒子」の癌とも言われています。

 写真(下)私の飼育魚が腫瘍と思われる症状が見られたので(もうズズズーと前です)その
    道の研究機関に実験に使用してください!と提案しましたが、引き取って下さらない
    ので最後まで面倒見ましたが・・・穂竜を目指す前の飼育魚なので記憶の彼方に消え
    ています。多分良性のものと思いますが、この仔の左尾の中央部分に茶色の肉片の塊が
    それです(腫瘍)。

 ※腫瘍=(細胞の集まりが組織)が生体内で過剰に増殖する事。
    =悪性と良性が有り、悪性と言えば癌のことです。

  現役時代(ウン十年前)は病理検査もしてましたので写真下の仔の組織標本も作製して置
  けばよかったにと、後悔してます。当時はこの年まで魚に関わるなんて思いもよりません
  でしたから。

 
 

自然5

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月12日(土)12時34分12秒
編集済
  金魚の話(生き生きトンボ)から外れていますが、自然の書き込みは、これでお休みにして次回
から年末の続きの生き生きトンボに戻ります。

 田舎に産まれた自分は今も自然の真っ只中の生活で有り、人は自然からは切り離せない、勿論
金魚も同じで自然の掟の中から抜けられないのです。

 我が家の周りでも自然が自然の掟のルールで動いて居ます。そのルール(自然の暦)が今年(
実は昨年の事)も見られたので紹介します。

 写真(上)我が家の納屋(倉庫)の敷地には金魚飼育池、水槽の他に畑地が少しあって、簡単
    (年老いた者が作付け可能な)な作物を作って居ます。
    簡単な作物とは①力が無くとも作付けが可能な事。②出来た作物は何方でも引き取っ
    てくれる事。等を考えると作付け野菜も限られてきます。

    スイカが意外と人気が有るのです。スイカは蔓科の野菜なので少し広い場所が必要と
    手入れのコツも必要なので、誰でも簡単にいい「スイカ」が出来ないのです。
    金魚と同じで愛情を込めて付き合わないと成果が得られないのです。

    ま、自慢では無いけど(自慢です)美味いと言ってくれます。相棒が逝ってその後
    スイカを相棒の知人宅に「今年もスイカが出来たのでどうぞ!」と。暫くしてその方
    が「まあ!奥さんもスイカ作りは上手でしたが、貴方も奥さんに負けないぐらい上手
    にスイカを作られるのですね!~」だと。 エッ!ちょっと待って!相棒はスイカは
    作った事ないよ!、作ってたのはワタシです。相棒は配達係でしたが・・・」知人は
    「嘘!チャンと作っているような説明をしてたけど・・・」・傍で手伝ってくててい
    たのでたので知っているのでしょう。」「あんたは金魚の世話だけしていたものと思
    っていた」ですって。

    畑地はスイカと自然薯(山芋)を植えていてこの地には今年は自然薯を作付けしまし
    た自然薯は丸形のもので簡単に掘り起こせますし、秋から春までの間に掘れば(収穫)
    何方にも喜ばれます。 で、その自然薯も蔓科の野菜で巻き蔓にダイソーでの竹形棒
    を立てているのですが、写真の様に11月ともなれば蔓は枯れて棒だけの状態です。

 写真(中)この残った竹状の棒にカマキリの卵を発見! つまり、畑地の面積で5匹のメスが
    産卵していた事になります。このカマキリの卵には5つとも少し形が変わって見られる
    けど同じ種類のカマキリなのかは解りませんが、この雌にも相棒が居たとすれば我が家
    の畑地の面積には少なくとも10匹以上のカマキリが住んでいたことになります。

    一個の卵には数百のカマキリが孵化しますので来春はこの畑地にうん百のカマキリの仔
    が生存競争に加わるのです。自然の掟に挑むのです!生存率は4~5%と言う事ですが。
    来春の6月頃に孵化しますので別の場所に移動して置きました。

 写真(下)この写真は水槽の覆いの上にやって来たイナゴの雌です。このイナゴも小さい我が
    家の畑地の住人です。意外と多くイナゴもいます。その内の多くがカマキリの餌食に
    なるのも自然の掟です。植物を餌とするイナゴはスズメや小鳥、蜘蛛、猫と天敵も多く
    この地のイナゴは私自身は殺したりはしません。野菜には害獣ですがそのまま見過ごし
    ています、洗濯物にも止まって居たりしますが。


 

自然4

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月10日(木)16時07分7秒
編集済
  今は身近な(自分の付近の)自然の移り変わりを写真にしてお見せしてます。
一月はまだ目出度い時期なのでもう少しの間、身近な季節変化を見て下さい。

 写真(上)私の納屋(倉庫で、品評会の道具を入れています)の前から北西方向を見た写真
    ですが、この方向は空の天気や季節が感じられるので写真として残しています。
    遠方の山の中腹の木々が紅葉しているので写してみました。
     多分、木々の紅葉は薄茶色でババチイいろですのでクヌギの木の色付いたものと思
    います。 クヌギの木は(どんぐりの実がなるので繁殖が良い)どの地方いいっても
    見られ紅葉は枯葉に近く面白くない(綺麗でないが全山紅葉しますとそれなりに見事)。

    自分の子供の頃は11月の23日頃がクヌギの紅葉が最盛期だったので今回の写真は11月
    30日のものなので一週間の遅れの紅葉となり今年だけが遅いのか?、それとも気温が
    暖かいのか?

 写真(中)写真上を少しアップ、

 写真(下)もっとアップ!電線がこんなにも邪魔になって居る写真です。 時代を表現する
    江戸の街並み保存や、近代化には電柱や電線は見苦しい、なので、地中に埋め込む話
    は理解できますね~。ここからの季節感は遠方のクヌギの紅葉だよねー。


 

自然3

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月 8日(火)15時04分31秒
編集済
  今月中ごろまで、自然(身の回りの)とお付き合い。
年年歳歳花相似たりと言いますが、少しづつ変化してるのですが気が付きません。ゆっくりと
変化しているのです、自分の体力も少しづつの変化に気が付きます。

 写真(上)昨年の4月25日の撮影のものです。野生の「藤の花」がここ数年のうちに目だって
    見られるようになったので写真に撮ってました(中央の薄い青色に見える部分がそれ)。
    写真の藤が有るのは「似羅羅(いらら)山」と地元で呼ばれている小高い山ですが、
     此の山すそは江戸時代初期には海岸で有った様です。自分が写真を撮っている所が
    当時「黒崎」と呼ばれていたのはその証明と思っています。 その証拠に私の金魚池
    の下は一メートルも掘れば海の貝殻が出て来ます。うん万年前は火口であったようで
    す。

 写真(中)全くとは言えませんが同じような場所からの写真です。この写真は昨年の12月4日
    撮影のものですが、通りがかりの見知らぬ方が、ジーと眺めているので声をかけると
    「銀杏の紅葉が見事ですね~」と言われるので、おおそうだ!俺も写真にして置こう!
    写しておいたものがこの写真です。 12月4日でしたがこの頃は、例年になく少し暖かい
    日が続いたため、未だ少し黄緑色が感じられ、よく見ていると数日で真っ黄色に変化し
    たかと思っているとそのあと急寒波!数日後には落葉!

     此の銀杏の木は、自分が小学生の頃は直径が30㎝位だったのが今では大人2人でも抱
    え着れない太さに成ってます。記憶の中では、数回の枝打ちをして居ましたが、今では
    何方も怖くて(危なくて)触れません。

 写真(下)我が家から(左の家)見える銀杏の木(遠方)です。江戸の初期ではこの場所は
    海の中です。何時もこの様な現実を当時の方が(江戸時代の方)ご覧になればどの様
    な言葉を発するのでしょうか?。

 

自然2

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月 6日(日)15時29分42秒
編集済
  今月中ごろまでは自然と言う題で行きます。
 自分と直接関わった自然の変化ですが、皆さんも身の回りで起こる自然の変化は感じて居られ
るでしょうが、都会ではあまり感じられないかも知れませんかも。

 自分が若い頃(30代)に購入した苗木(李【スモモ】)ですが、今では幹回りが1.8mも有ります。
このスモモも自分と同じ様に年齢を重ねて今では老木の風情を呈するようになりました。
春の開花や実の収穫と私にとっては季節化(人化)友人と思うのです。なんせ購入時は小指より細い
苗木だったんですから。

 写真(上)昨年の3月、少し芽が膨らみ始めた時期のスモモの木です。手入れの仕方も全く解らず
    適当にやってましたが、少しづつ自己流でやってれば今の状態に成長してしまいました。
    これでも一昨年の秋に何日もかけて剪定をしたのです。この木とは一年間を通してビックリ
    するぐらいの時間(手入れをすること)をかけているのです。肥料を土に混入(田起こし)
    苦土石灰、化学肥料(窒素、リン酸、カリ)に鶏糞、牛糞も開花前に施すのです。

 写真(中)昨年は成り年(当たり年)だったようですが、この様に見事に開花しました。桜の開花
    より(当地の桜の開花)約一週間早くこのスモモは開花しますので、自分は金魚の産卵時期
    の基準にしてるのです。この花が開花すれば一週間後は桜の開花だ!です。

    この花は桜より白く清楚に見えます。国道250号線の脇に植わってるものですし、その国道が
    このスモモを中心にカーブしているものですから、上り、下りの双方で前方向に見られ否応
    なしに視界に入るので、多くの方から綺麗だ!と言われています。

    開花後(花が散った後は)はすぐに、殺菌剤と殺虫剤の混合薬の予防に取り掛かるのです。
    果樹は病気をさせると商品価値が無くなるのです。減農薬とか無農薬と言われていますが、
    自然は見逃してくれません。

 写真(下)昨年の成果です。鈴なりと言う言葉が有りますが御神楽に使用の鈴を連想するような
    状態で実が付いています。もう一週間もすれば収穫です。
    この一本の木でウン千個の収穫です。
     スモモは酸っぱいのが定説ですが、この木のスモモは意外と「甘い」一度口にすれば来年
    も!と期待がかかる様で、収穫を待ってくれますが、果たして今年は裏年になるやもしれま
    せん。

    これからの手入れを「頑張ります!」。

        ※写真は大きくしてご覧下さい。


 

自然

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2019年 1月 4日(金)11時43分18秒
編集済
  早々に、病気の話は相応しくないので後にして、暫く自然の話を書きます。
昨年は身近な宇宙の出来事、火星大接近のニュースが有って東南の空のそれらしき星を見ました。

 写真(上)がそのニュース記事の説明です。

 写真(中)金魚に使用のカメラ、近くから~遠方まで撮影できます。火星がこの様な丸い星
    に写るまで拡大できるカメラとは思いもしてませんでしたので感激の写真です。

 写真(下)もうずいぶんと離れた(地球から)時期の火星です。月とコラボの写真をと狙っ
    たのですが、月と火星が肉眼的に一番接近する日が何と曇り空!
    明くる日はこの様に月と火星は離れてしまいました。拡大しますと画面(視野から)
    から消えますのでギリギリの映像です。火星が見えますか?左の白い点がそれです。
    勿論、右が月ですし、月の左には雲も少し写って居ます。

 

新年あけましておめでとうございます。

 投稿者:穂竜父メール  投稿日:2018年12月31日(月)23時50分56秒
  明けましておめでとうございます。
今年も頑張りましょう。
 

/172