teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:75/283 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

全日本選手権への出場資格ですが、私見です

 投稿者:沖浦克治  投稿日:2009年 6月15日(月)09時32分57秒
  通報
   ① 各都道府県大会優勝者。
 ② 標準記録を破った者。

 これだけですっきりしますね。
 でもこれだと、47都道府県あるわけですので、階級によっては50人の選手がエントリーする場合も考えられます。
 競技の普及の上からはそうあるべきだとは思いますが、現実に全日本を一週間やれません。
 受ける協会もないでしょうし、審判や役員が会社休めないです。

 すると、何らかのアシきりが必要です。
 長くて3日で終わらねばなりませんから。

 2試技にする。

 スクワットで、10人に絞って、ベンチでもう少し絞って、デッドリフトは6人だけ。

 これも選手からはクレームが出ますでしょうね。
 すると、標準記録を高くして、後は現在のブロック長推薦枠が3人。
 最も現実的な対応だと思います。

 都道府県大会の優勝者で、ブロック長推薦を得たものが3名。
 いい制度ですね。

 文句言うべきじゃありませんよ。
 全日本に出たかったら、標準記録とる。
 ダメなら、都道府県大会で優勝して、推薦待ち。

 どっちかです。
 ブロック大会での優勝の扱いは、私は対象外でいいと思います。
 先ず地元の大会にきちんと出場する。
 その上で全国行くべきです。
 将来は、標準記録を持っていて、その年度の所属の都道府県大会に出場した選手。
 これが現段階での理想ではないでしょうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:75/283 《前のページ | 次のページ》
/283