teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


会場での音響について

 投稿者:COMMANDO-KANAZAWA  投稿日:2009年 7月 1日(水)00時14分35秒
編集済
   >沖浦さん

 猛暑の中での全日本パワーお疲れ様でした。どうにも暑いらしいことは、現場の方から伺ってました。スポーツイベントに音響が付き物なんは、今に始まったことではありませんが、パワーリフティングの中でいち早く取り入れられたことには脱帽です。
 故に今の自分があるのは紛れも無い事実です。今の自分のシステムは最低限困らへん程度のものですんで、コンサート会場の規模などど比べられれば、どないしようもありませんけど。

 実際にシステムを組んでみて、そのシステムを自分で使ってみて改めて感じたのは・・・・・

◯マイクがあると、司会者のノドの負担が軽減される。ジャッジにマイクがあると、スタート、ラックなどの合図がはっきり選手に伝わる。また、客席の方にもはっきり伝わる。マイクがないと誰も司会とかをやりたがらないと思われる。

◯体育館などの常設設備で、パワーやベンチなど稀に2面開催で行うと、最低限マイクは4本、B.G.M.をステレオで2本。合計6チャンネルのラインの確保が要る。そうなると、出力を上手く纏める為にもミキサーは必要である。しかし、プラットフォームから結構離れた場所にブースがあるので、往復の時間がロスになるデメリットがある。また、2面開催をするにあたっては、マイクの出力をLR振り分けておかないと、どちらの試技の進行(合図)なのか解らないデメリットがあるので、ミキサーは必要不可欠なのは言うまでもない。
 常設で、パンポットの振り分けが出来るものがあるのか?今のところ見た記憶があり
ません。

◯常設設備においては、使い方を職員から或る程度の説明は受けたとしても、5時間から6時間触ってて、トラブルシューティングが出来るとは考えにくい。初心者が触ると、ピンぼけの連続で従来出る音がメチャメチャになることが容易に理解出来る。

◯主催側がオペレーター付き機材レンタルをするにあたり、多少の金額が嵩むことは当然として、オペレーターがギャラを頂くということは、機材の搬入時間にどんな事情があっても遅れることは許されないことを最大限の義務とし、音を出すことに全責任を負うことをことである。主催側、選手やギャラリーはオペレーターがそこまで考えてることを全く理解していないので、稀に無償で来てると思い違いして、あ~でもない、こ~でもないことを吹聴する輩も居る訳です。トラブルに遭遇すれば、いち早く抑えてしまう。過去10年間、機材搬入だけでなく普通のスタッフ業務においても、兵庫でやるときは1度の遅刻もせずに済んだのは幸いです。欠席は2回だけです。

◯ギャラを貰う以上、万が一ディジタルの部分が駄目な場合は、アナログでも対応する。具体的には、C.D.がどうしても不都合であることを考慮して、カセットにコピーしておくなどの対応も考えている。今はカセットを使う人は少ないので、H.D.R.などでも対応が出来るが、初心者では発想が困難かも。

◯電脳などからの出力はアイディアとしてはいいと思うが、昨年の全日本パワーのときみたいに、フリーズしたら音は全く出ないなどのデメリットがある。

 また、電脳に接続するにあたり、KRAFTWERKの様な出し方をすれば問題はないですが、
多分200W以上のパワーアンプに通す方は皆無に等しいと思われる。

◯稀にSR用とA.V.用を混合で組む人を見かけるが、論外。試技開始までに音量をどうした
らいいのかすら判断が出来ない。また、競技に精通してない人がやると、選手が試技を行うことを前提に考えないセンスを疑う選曲もありうる。特に、運動競技や舞台音響などで
、音のチェンジが極端に重なる場合「叩き」と言われる操作・・・・「ポン出し」とも言いますが、1,2,の3ではなく、1で音を出さんとあかん場面が何度もある。

 業務用機器で何度も経験してないと無理な話。民生機では再生速度や耐久性など比較にならないので、タイムロスが重なり競技者に満足するものを提供出来るかどうか・・?


◯現行兵庫協会が、試行錯誤して、電脳などを用いて音出しをしようとされてる様です
 が、どんなシステムで音を出すのか非常に興味深いですね。神戸市立中央体育館の
 メインアリーナとかで、どこまで力を発揮するのか・・・ホンマ興味深いですわ。


  色々ありますが、いち早く導入された沖浦さんの発想には度肝抜くことばかりです。
 
 

全日本パワーに審判で参加いたしました

 投稿者:沖浦克治  投稿日:2009年 6月30日(火)22時53分58秒
   私と長男の耕治で審判をやりました。
 暑かったですが、選手はもっと大変だったと思います。
 神奈川県協会がエアコン代を節約したわけではなくて、元々会場にはエアコンが付いていないそうです。
 補助員もテキパキして立派、大会進行も凄くよかったですね。

 ただ、音響は少し問題がありました。
 その点、兵庫県はCOMMANDO-KANAZAWAさんがおられるので幸せですよね。
 音が悪いと、いくら他のスタッフが頑張っても台無しになります。
 音はパワー大会の生命線です。
 以前、パソコンが普及した始めた時、パソコンの専門化がBGMをパソコンから出した大会がありましたが、ダメでした。
 マイクとスピーカーのマッチング、マイクの置く位置とスピカーの向きと場所。
 会場の人の入り方と動き。
 これ等が瞬時に把握出来なければ、何億円の最新機材を使用してもよい音は出せません。
 この前、兵庫県パワーに役員参加いたしましたが、COMMANDO-KANAZAWAさんの音響技術には、4年前に私が長野に変わる時、引継ぎでお願いした時より、格段の進歩があり驚きました。
 既に立派なプロの領域でした。
 音響の出来るスタッフを育てることは、リフターを育てるよりズ~ット困難です。

 今おそらくですが、音響が出来るリフターは、私と、息子と、COMMANDO-KANAZAWAさんの3人だけだと思います。

 兵庫県は恵まれていますね。
 私も、耕治共々益々頑張ろう!と思った全日本でした。
 

標準記録の捉え方です

 投稿者:沖浦克治  投稿日:2009年 6月16日(火)07時08分14秒
   選手と役員で異なってもいいと思います。

 選手は、標準記録をとって正々堂々と全日本に行くぞ!

 こう思えない選手は強くならないと思いますし、そもそも全日本は、出場しに行くところではなくて、勝ちに行く所です。

 勝負師とはそう言うタイプの選手ですね。
 ですから、本当に強くなろうと思うなら、全日本出場を目指すのではなく、優勝を目指す選手になる必要があります。
 標準記録でもたついては不可能です。

 役員の立場については、私は異なっています。

 標準記録がなくても、都道府県の優勝者は出場できる環境作りをしたい。

 物凄く大きな壁がある問題ですね。
 でもね、本当のメジャースポーツはこれで無いとダメだと思うんです。
 いつかはそうなろう。
 これが大切じゃないでしょうか?
 

沖浦さん

 投稿者:COMMANDO-KANAZAWA  投稿日:2009年 6月15日(月)22時28分15秒
   ご意見おっしゃるとおりですね。当たり前の話かもしれませんが、皆中です。拝見してて感じたのは、
地元の大会でなくても、どっか他所の大会でも標準記録を超えれればええやん?ってことです。

 全日本という大会は、それぐらい権威のあるものと解釈しています。事務局、自ら選手、そして運営とセコンド全てを同時にこなしてる方もおられます。素晴らしいにつきますね。
 

全日本選手権への出場資格ですが、私見です

 投稿者:沖浦克治  投稿日:2009年 6月15日(月)09時32分57秒
   ① 各都道府県大会優勝者。
 ② 標準記録を破った者。

 これだけですっきりしますね。
 でもこれだと、47都道府県あるわけですので、階級によっては50人の選手がエントリーする場合も考えられます。
 競技の普及の上からはそうあるべきだとは思いますが、現実に全日本を一週間やれません。
 受ける協会もないでしょうし、審判や役員が会社休めないです。

 すると、何らかのアシきりが必要です。
 長くて3日で終わらねばなりませんから。

 2試技にする。

 スクワットで、10人に絞って、ベンチでもう少し絞って、デッドリフトは6人だけ。

 これも選手からはクレームが出ますでしょうね。
 すると、標準記録を高くして、後は現在のブロック長推薦枠が3人。
 最も現実的な対応だと思います。

 都道府県大会の優勝者で、ブロック長推薦を得たものが3名。
 いい制度ですね。

 文句言うべきじゃありませんよ。
 全日本に出たかったら、標準記録とる。
 ダメなら、都道府県大会で優勝して、推薦待ち。

 どっちかです。
 ブロック大会での優勝の扱いは、私は対象外でいいと思います。
 先ず地元の大会にきちんと出場する。
 その上で全国行くべきです。
 将来は、標準記録を持っていて、その年度の所属の都道府県大会に出場した選手。
 これが現段階での理想ではないでしょうか?
 

ジムの改装がほとんど終わりました

 投稿者:沖浦克治  投稿日:2009年 6月 4日(木)22時00分23秒
   勢いで、イバンコのラバーダンベル12キロ~30キロセットラック付きを買いました。

 この勢い、世界マスターズにつなげます。
 ギヤで面倒な事になるなら、ノーギヤで行くつもりです。
 

疑問には思いませんでしたが

 投稿者:COMMANDO-KANAZAWA  投稿日:2009年 6月 3日(水)00時57分15秒
   ギア価格が非常に高額・・・・基準値が解りませんが、運動用品ってどのジャンルもそこそこ値段がはる
ように感じます。1社しかない・・・・別に独占されようとしてはる訳でもないと感じます。他にギアなどの
販売をする業者が居なかったと解釈する方が自然と・・・・。パワーワールドニュースには中古品の案内も
あるさかいに・・・気に入ったものがあれば、そっちを利用する手がある。

 舶来もんの国内販売価格が気になるなら、自身で並行輸入などで同じ商品を試しに仕入れしてみたらどないやろ?

 大会会場でブースがあれば、通常売価よりも割引されてることがようあるんで、そっちを利用する手もある。但し、会場までの交通費その他を入れると通常売価と大差がないかもしれないかも。
 

疑問に思いませんか?

 投稿者:初心者ですが・・・  投稿日:2009年 6月 1日(月)12時02分42秒
  初心者なので的をはずしているかもしれません。IPFのジャッジやこの問題が起きるまでの経緯はよくわかりませんが最初の疑問に思ったのはベンチシャツを購入するとき注文する会社が1社しかなく料金も非常に高額なことです。価格が妥当性のあるもででしたら私の意見は根本から間違っているのですが誰もこの事にふれないのが疑問です。利益のある部分が競技全体の底上げのために還元されたり他の競技のように競技者が価格を含め十分選択できる数のメーカーが公認されれば国内海外とももっとオープンな協会、役員による運営ができるのではないでしょうか?プロテイン・パワースーツなどその製品があたればすごくよい利益率のためなにかどろどろ思惑が根底にあるような気がしてなりません。  

IPFをやめないで解決する方法もありますよ

 投稿者:沖浦克治  投稿日:2009年 5月31日(日)20時48分23秒
   世界で、パワーリフティングを組織する団体はIPFだけではありません。

 以前一度調べた事があります。
 ノーギヤの団体もありました。
 日本の、ボクシングは二つの世界団体の加盟していますね。
 同じ様に複数の世界団体に加盟すると解決しやすいでしょう。
 後はルールが大会中に変わるようないい加減極まりない団体にエントリーするか。
 もっと別の民主的な団体の世界選手権に参加するか。
 選手に選別の機会が生まれるなら、IPFの独占が崩れ、民主化が進むでしょう。
 国体やオリンピック種目を目指すなら、ギヤは制限するか、廃止するべきだと思えます。
 事実、兵庫県が体協加盟をした時、私が担当で体協と交渉を致しました。
 加盟がほとんど決定した時、呼び出され、見せられた映像が、ベンチシャツが破れて、シャフトが落下するシーンでした。
 補助者がとっさの機転で補助に入り、事なきを得た映像です。
 これが、危険でありこの競技が国民の健康増進に役立つとは思えない。
 と、追求され、困りました。
 ノーギヤ人口が圧倒的に多い事を説明し、事なきを得たのです。

 本当に、パワーリフティングを国民に愛される競技に成長させるなら、私はギヤの規制が不可欠だと思います。
 

(無題)

 投稿者:IT委員長  投稿日:2009年 5月31日(日)20時22分38秒
  IPFをやめるのは、得策でありません。
IPFが今世間で認められている、世界団体ですので。
IPFがノーギア世界大会を開催するのは、IPFが判断するところとおもいます。

今回は、ギア、ノーギアの判断が問題でなく、審判団によってルールを歪曲されている点です。
JPAはきちんとした文書と態度で、すばやく抗議する事が大切です。
 

レンタル掲示板
/29