teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:36/269 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

100年続く愛があったでしょうか?

 投稿者:四式メール  投稿日:2006年 6月15日(木)17時41分10秒
  通報
  四式です。
↓失礼な。群馬県民だからホークスファンなのに。
群馬県民のタイガースファンなんて優勝しても道頓堀に飛び込めないじゃないか

楽●相手に延長・・・

昨日は疲れたので(最近の生活にしては)早く帰りました。
するととある友人が彼氏とケンカしたらしくグチりに来ました。(バカップルではない。奴らは二人でグチりに来て仲直りして帰る。←ウチでやらなくても良い)
ふと、その子が言います。
「100年続く愛なんてないよね・・・」
落ち込んでいます。ここは四式のやさしさパワー全開です。全力で彼女に応えてあげます。
「うん。無いよ。なぜならヒトは100年生きることが(統計平均的に)不可能だからね」
「いや・・・そういうことじゃなくて・・」
「なぜヒトが100年生きられないかというとヒトの細胞膜における脂質の変性は常に新しいものでなくてはダメで、それには常にタンパクの誘導が必要。さらにタンパクの合成には遺伝子が必要でしょ?その遺伝子も・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・そうじゃなくて」
「タンパクはちょっとした因子ですぐにアグる、凝集してしまう。これではタンパクとしての機能が働かないどころか脳細胞の誤作動因子ってこらこら寝るな。大切なのはこれからだ。つまり生体内での遺伝子のコピーの損失を誘導し、さらには修復機能の阻害を・・・・・・・・」
嫌われました。
しかし僕としては彼女の疑問に全力で答えることができて満足でした。
 
 
》記事一覧表示

新着順:36/269 《前のページ | 次のページ》
/269